ここから本文です

iPhone 7発表会直前、注目ポイントチェック!

エイ出版社 9/7(水) 12:00配信

『新しいiPhone』、つまり『iPhone 7/7 Plus』発表の注目ポイントを整理しておこう

チェックポイントは5つ。『形状』『カメラ』『防水性能』『ヘッドフォンジャック』『FeliCa対応』だ。

『形状』は、今、各方面に流出しているDラインのないタイプのものでほぼ確定だと思うが、形状が『完全に一緒』なのか『ほぼ一緒』なのかは気になるところ。いずれにしてもカメラの形状が違いそうなので、大半のiPhoneケースは使えなさそうだが、バンパータイプなどはどうなのだろうか? 希望は薄そうだが。

『カメラ』は、7が大径のシングル、7 Plusがデュアルカメラだと言われている。手ブレ補正は7にしかつかないし、単なる静止画を撮るなら7の方が良さそうだが、多機能なデュアルカメラも魅力的だ。2枚のレンズをアップルがどう活かしてくるのか。『後からフォーカス』『超高解像度』『VRカメラ』などの機能が可能そうだが、アップルがどれを提案してくるか?

『防水性能』は、毎回分解するごとに高まっていることは感じる。6sでも、コネクター部分などを除いてはかなり水対策はされている。しかし、『防水』と謳ってしまうと、浸水した時の保障をしなければならず、他社ではそれがかなり負担になるとも聞く。年月が経つとパッキンも劣化するし、落としてフレームが歪むと防水性は維持できない。防水性能が高まることは確実だろうが、それを『宣言』するかどうかもポイントだ。

『ヘッドフォンジャック』はなくなると言われている。では、付属するヘッドフォンはどうなるのか? Lightningアダプターが付属するのか? Lightning対応型ヘッドフォンになるのか? Bluetoothタイプになるのか? はたまた付属せずオプションになるのか? このあたりも気になるところ。

日本ではおなじみの『おさいふケータイ』が使えるようになる?!

最後に日本人としては気になる『FeliCa対応』。『おさいふケータイ』として使えると利便性がかなり上がる。これは期待したいところ。もっとも、ワールドワイドの発表会で、触れるべき話題かどうかは分からないが。

iPhone 4や4sの頃に、ガラケーやAndroid携帯に対する『欠点』と言われた『防水性能』や『おさいふケータイ対応』がされるとすれば、これは感慨深いものがある。世界でも稀なほどのiPhone強国である日本で、さらにiPhoneユーザーが増えることは間違いないだろう(このあたり、今回日本人プレスが多く招待された理由かも)。

注目の発表まであと24時間を切った。楽しみに待ちたい。


(flick! digital編集部 村上タクタ)

最終更新:9/7(水) 12:00

エイ出版社

なぜ今? 首相主導の働き方改革