ここから本文です

揚げ物が好き!な人は約8割 人気No.1はやっぱりあの料理だった

Suits-woman.jp 9/7(水) 17:30配信

カロリーが気になる……と言いつつも、やっぱり食べたくなる“揚げ物”。あなたはどのくらいの頻度で食べていますか? マイボイスコムのアンケート調査によると、揚げ物が好きだという人は8割。みんなの“揚げ物”ライフを詳しく見ていきましょう。

揚げ物人気No.1は、やっぱりあの肉料理!

同調査によると、揚げ物が好きだという人は80.3%となり、若年層ほど高い傾向に。
好きな揚げ物について聞いてみると、「鶏の唐揚げ・竜田揚げ」「トンカツ」「エビフライ」「てんぷら」「コロッケ」が上位にランクインしています。
「トンカツ」は男性50代以上で1位、20~40代で2位にあがっています。男女別に見てみると、男性人気は「メンチカツ」「ハムカツ」、女性人気は「春巻」ということがわかりました。
「フライドチキン」「チキンナゲット」「フライドポテト」は女性若年層で、「エビフライ」は高年代層ほど比率が高い傾向にありました。

やっぱりみんな揚げ物好きなのね……とホッとしたところで、続いては食べる頻度について。「週2~3回」「週1回」が3割前後でボリュームゾーンということが判明。週1回以上食べる人は7割弱で、男性7割強、女性6割となっています。

自分で揚げる? それとも買ってくる?

揚げ物を食べる人に、どのような揚げ物を食べるかを聞いたところ、「自分や家族などの手作り」「調理済みのお惣菜」が5~6割で上位2位、「ファストフード」「市販の弁当のおかず」「冷凍食品(揚げる前の状態)を購入し、自宅で揚げる」「冷凍食品(調理済み)を購入し、自宅で温める」「ファストフード以外の外食」が2~3割で続きます。

ところで、あなたは自宅で揚げ物をしますか? 自宅での揚げ物の頻度、何を調理するかを聞いたところ、自宅で揚げ物をする人は7割強、年代が高いほど比率が高くなっています。調理頻度は、「週1回」「月に2~3回」が2割弱でボリュームゾーンという結果に。

揚げ物について気をつけていること・こだわりは?

揚げ物についての不満で最も多かったのは「カロリーが高い」(52.1%)。美味しいけれど罪悪感を感じること、ありますよね……。その後、「調理時の後片付けや油の処理が面倒」「脂っこい」「調理後に台所が汚れる」「冷めるとおいしくない」「胃がもたれやすい」が3割前後で続きます。
揚げ物が<どちらかといえば嫌い>な層では、「胃がもたれやすい」「脂っこい」の比率が高くなっています。

◆揚げ物について気をつけていること・こだわりは?
・購入する時はできるだけ揚げたての物を買う(男性19歳)
・開封すると酸化するから、大きいサイズの油は買わない(男性33歳)
・テイクアウトしたものを、キッチンペーパーを敷いてオーブンで温めて油おとしする(男性49歳)
・揚げ物を続けて食べないことに留意しています(男性58歳)
・揚げ物は好きだが夏場は部屋が高温になるので、揚げ物をする回数を減らしたりするようにしている(女性27歳)
・家で揚げた物はその時に全て食べきる。そのためあまり大量には作らない(女性39歳)
・休日の早めの夕食のときに食べるようにしている(夜遅く食べると太りそうなので)(女性42歳)
・自宅で作るときは油を少なく、揚げ焼きにする(女性51歳)

揚げ物が好きな人は多いものの、食べる頻度で多いのは週1~3回程度。続けて食べないようにしたり、できるだけ油をカットする調理法を選ぶなど、揚げ物を食べる際にはいろいろと注意している人が多いことがわかりましたね。これから食欲の秋に向けて誘惑も増えそうですが、バランスの良い食事を心がけましょう!

【参考】※ マイボイスコム株式会社

最終更新:9/7(水) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。