ここから本文です

9月、Netflixではこの10作品を観よ!

WIRED.jp 9/7(水) 7:10配信

Netflixは今月、素晴らしいアクション映画やドキュメンタリー、マーベルの新作をお届けする。Netflixで9月に観るべき作品を紹介しよう。[注:日本では未配信である作品もあります。]

【全作品を動画とともにチェック!】懐かしい作品から最新作まで

▼9/1 『トップガン』(1986)

トム・クルーズとヴァル・キルマーの男臭さや、名曲「Playing with the Boys」をバックにしたバレーボールのシーンは必見だ。

マーベリック(トム・クルーズ)と相棒のグース(アンソニー・エドワーズ)は、サンディエゴにある海軍エリート航空戦訓練学校(通称「トップガン」)で訓練を受けるチャンスを与えられる。マーベリックは、サングラス を身につけたルールなどおかまいなしの天才的パイロットだ。彼の最大のライヴァル、アイスマン(ヴァル・キルマー)もまた、サングラスを身につけルールなど気にしない人物である。

アクション映画であり、恋愛物語であり、航空学校を舞台にしたスクールドラマでもある、トニー・スコット監督の本作はやはり完璧だ。トム・クルーズの飛行シーン、バーで歌うセレナーデ、バイクシーンなどの名場面も見逃せない。「危険地帯へのハイウェイ」に乗車しよう!

▼9/1 『プライベート・ライアン』(1998)

トム・ハンクス 、ヴィン・ディーゼル、ジョバンニ・リビシが出演するこの戦争映画は、仲間を全員殺された1人の隊員を救出するために、危険地帯へと向かう兵士たちの物語だ。スティーヴン・スピルバーグ監督は第二次世界大戦をテーマとしたこの大作で、アカデミー監督賞を受賞している。

ヴィン・ディーゼルのほかにも、マット・デイモン、トム・サイズモア、エドワード・バーンズ、ポール・ジアマッティ、バリー・ペッパーが素晴らしい演技をする。スピルバーク監督の手による山場、ノルマンディー上陸作戦時のオマハビーチのシーンには息をのむ。

JOSEPH BIEN-KAHN

最終更新:9/7(水) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。