ここから本文です

ハリル監督、チームの集中力に不満「まだまだ我々の心理面に問題がある」

フットボールチャンネル 9/7(水) 1:02配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯アジア最終予選・第2戦でタイ代表と対戦し2-0で勝利した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 試合開始から主導権を握り、前半のうちに原口元気のゴールで先制した。しかし、その後もチャンスを作りながら好機をことごとく逃した。「集中力の欠如なのか」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督はネットが揺れないことに不満を感じていた。また、こうも話している。

「最後にいつものように相手にプレゼントを一つ二つ与えてしまった感はあるが、そういう状況に陥るのは、まだまだ我々の心理面に問題があるのかなと」

 それでも、浅野拓磨が加点して2-0の勝利。指揮官も「いい試合になった」と評価した。

 疲労を抱える選手や、けが人がいたこともあり「合宿中は様々な問題があった」と指揮官。その中で「全選手、全スタッフがいい準備をして臨んだ」からこそ勝利を掴むことができたという。

 初戦のUAE戦からメンバーを入れ替え、原口や浅野がスタメンに名を連ねた。その理由についてハリルホジッチ監督は「経験ある選手と若い選手を競争させたいという気持ちがある。試合に出た選手たちはいいプレーをしてくれ、得点も取ってくれた。そして、チームにいい雰囲気をもたらしてくれた」と、先発起用に応えた選手たちを称賛した。

「非常に重要な勝利だった」と指揮官はこの勝ち点3の意味を述べる。2連敗は避けたい状況の中、アウェイでタイを下した。しかし、まだまだ安心はできない。ベテランは頼りになる選手ばかりだが、この日躍動した原口や浅野のように、若い力の台頭が臨まれている。そして、指揮官のいう“心理面の問題も”克服していかなければならない。

(取材:植田路生【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 1:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)