ここから本文です

おいしくて腹持ちも良いのにヘルシー! LA発のブランチ専門店「Blu Jam Cafe」がオープン

GQ JAPAN 9/7(水) 12:11配信

健康志向の人に朗報!ヘルスコンシャスな料理を提供する「Blu Jam Cafe」では、ベジタリアンやダイエット中の方にオススメのメニューが多数提供される。

【ブランチ専門店「Blu Jam Cafe」 その他画像】

ロサンゼルス発のブランチ専門店「Blu Jam Cafe」が、東京・代官山にオープンした。「Bringing L.A. to you!(ロサンゼルスをお届けする)」というコンセプトのもと、朝食と昼食を合わせたブランチをしっかりと摂り、夜は少なめの食事にすることで、身体への負担を減らすライフスタイルを提案していく。

Blu Jam Cafeでは、「ビーガン(完全なベジタリアン)」、「グルテンフリー(穀物原料の食品の不摂取)」、「フュージョン(折衷料理)」を軸にメニューを組み立てている。

ベジタリアン向けのビーガン料理では、主要な食材として豆腐を採用。肉や魚、乳製品といった動物由来の食品は出し汁に至るまで一切使用していないが、スパイスを効かせることで味に複雑さと重みを持たせるように工夫している。

グルテンフリーダイエットを試している人に嬉しいのが、肉や卵をたっぷり取り入れたグルテンフリーメニューがあること。牛テンダーロインやマグロのステーキ、ポーチドエッグは、味付けにパンチがあるにもかかわらず、消化に良いため胃腸に負担をかけないメニューになっている。リゾットやグリルドポテトでも、小麦などの穀物を使わないグルテンフリーな食材で調理するという。

様々な料理を融合させるフュージョンでは、アメリカの味にヨーロッパやメキシカンのエッセンスを融合させる。米国の定番料理であるマカロニ&チーズに一捻りを加えた「カミルズブランチ」では、消化を良くするためにチーズを控えるなどの工夫も。繊細なバランスの上に成り立っているウェルネス・フードが楽しめそうだ。

ブランチ料理といえば、薄味で素朴なイメージを持つ方も多いだろう。だが、オーナーのKamil Majer氏が強い信念のもとに作り上げたメニューは、食材の旨味を保つことにこだわり、さらに食べ応えもある。都会的な食のスタイルに合わせた「Blu Jam Cafe」の料理をぜひ味わってほしい。

Blu Jam Cafe
渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山 B2-2
Tel.03-6455-1446

Words by Winsome Li (GQ)

最終更新:9/7(水) 12:11

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて