ここから本文です

気管切開、胃ろう受けた亡夫への「看取りのスープ」レシピ3

女性自身 9/7(水) 6:01配信

「そもそも、私は料理のプロではないですし、夫の好きだったものをもう一度、味わわせてあげたい、その一心で作っていたので……こんなふうに雑誌に取り上げられると正直、気恥ずかしいです」

 スープを煮込みながら、福丸未央さん(49)はこう言って照れくさそうにほほ笑んだ。視線の先には、昨年末に他界した夫・裕明さん(享年56)の遺影が飾られていた。

 福岡県朝倉市の、それぞれ別の農産物直売所で働いていた未央さんと裕明さん。職場は違ったが「農と食」で地域づくりに取り組む“同志”。そんな2人が結婚したのは’11年6月だった。

 しかし、悪夢は突如襲ってきた。わずか2カ月後の8月。裕明さんに口腔がんが見つかる。放射線と抗がん剤の治療を受け、翌年の春には退院できるまでに回復し、職場に復帰。だが、同じ年の夏にがんが再発。18時間に及ぶ手術で、左顎と舌の一部切除を余儀なくされた。裕明さんは、上手に話すことができなくなった。

 そして、’15年2月にがんが再々発。リンパ節にも転移していた。医師からは「もう寛解は望めない」と説明された。裕明さんは延命治療を望まず、ふだんどおりの生活を選んだ。秋。腫瘍が口からはみ出るほどの大きさになり、食事も呼吸も困難になった。気管切開と胃ろうの手術を受け、緩和ケアも始めた。

 ある日、未央さんが作った、かぶのスープの香りに裕明さんは顔をほころばせた。自分の手で腫瘍のわずかな隙間を探し、吸い飲みの先端を差し込んで、ゆっくりと流し込むと、満面の笑みを浮かべた。

「夫はかぶが大好物。いつも家で作っていたとおり、サッとだしをとり、かぶを刻んで入れて煮込んで、その上澄みだけを飲んでもらった。かぶの味がよほどおいしくうれしかったみたいで『一滴もこぼさなかったろう』って(筆談用の)ノートに書いていました」(未央さん・以下同)

 差し向かいで同じものを食べる、当たり前の夫婦の時間が消え失せて久しかった。でも、スープなら、元気だったときと同じように、夫と2人で同じものが味わえる--この日から未央さんは、スープ作りが日課になった。

 そんな、裕明さんが好きだったスープのレシピを紹介。

■玄米スープ

【材料(1回分)】玄米ぽん(玄米をぽん菓子機ではじいたもの。通販で入手可能)…1/2カップ。梅干し(種ごと)…1個。水…5カップ。こんぶ…1/2枚。
【作り方】1.材料を鍋に入れ30分煮込む。2.こして、汁をスープとして飲む。3.煮出した玄米、梅干しは介護者の食事として食べる(おじやのような感じ)。※分量、作り方は料理研究家の辰巳芳子さんのレシピを参照しました。

■小松菜スープ

【材料(2人分)】小松菜…150g。鶏がらスープのもと…小さじ1。水…300ml。塩麹…少々。
【作り方】1.小松菜をざく切りにして、水、スープのもと、塩麹を入れて煮込む(小松菜が軟らかくなる感じ)。2.少しさまして、ミキサーにかける。3.飲むときに、再び鍋に入れ温める。

■かぶのスープ

【材料(2人分)】だし汁(かつお、こんぶ、いりこでだしをとる)…300ml。かぶ…1個。
【作り方】1.かぶの皮をむき、4つ切りにしてだしで煮込む。かぶが軟らかくなったら火をとめる。2.だしにかぶの味がしみ込んでいるため、だしをスープとして飲用。

 12月13日の朝。裕明さんは5回、大きく深呼吸をして息を引き取った。苦しむこともない、安らかで穏やかな最期だった。

「食いしん坊でグルメな彼らしいな、と思ったんですけど……深呼吸のあとおなかがグーッて鳴ったんですよ」

 この夏。未央さんは仲間たちの協力を得て、スープを商品化した。題して、「いとしのスープ」。

「私と夫と同じような、患者さんと介護をされているご家族の方に届けたいです。夫婦で、家族で一緒に食事を取る、そんな当たり前の喜びをもう一度味わってもらうためのスープです」

最終更新:9/7(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。