ここから本文です

のCMを素晴らしいものに仕上げることができるのは、ケンドリック・ラマーだけ!

MEN’S+ 9/7(水) 21:40配信

リーボックとのコラボレーションクリップにおけるフリースタイル

 歌手ケンドリック・ラマーと、リーボックとのコラボレーション。このことでヒップホップのミュージシャンはヒップホップの領域から離れ、自らの影響力を拡大することの魅力、そしてその大切さを知らしめたのでした。今年の初頭にラマーは、ギャングによる暴力の終焉に関する的確なメッセージともに、シンプルかつビューティフルな靴である自身のコラボシューズ「ロートップ・クラシック」を公開したのでした。  

 リーボックとのコラボレーションに関連した最新のビデオの中で、ラマーは見事なまでのフリースタイルやインタビューを通じて、クラシックの意味について繰り返し述べています。実際、「クラシック」と同様に、任意のトピックについて語る上では、何らかの洞察力に富んだものを感じさせてくれるラマー です。

【コラボシューズ「ロートップ・クラシック」の画像、そして動画を見る!】

ラマーは幼少期のクラシック靴との思い出について、次のように話しています

 「初めてクラシック靴のことを知ったのは私が学校に入ってからでした。そして、「紙の上に何か書き留めたい気分だ」と語り、私は書き始めたのです。当時、クラスの誰もが「リーボック・クラシック」を履いていました。ヒップホップは、まさに音楽以上のものでしたし、カルチャーの一部でした。そして、流行の一部でも あったのです」と、ラマーが語っています。
 
 これは、ラマーが中途半端な人間ではないという何よりの証拠となるでしょう。彼と靴について話をしてみたいですか? 彼は投げやりな態度で話をすることは、決してありません。自分自身の履物との関係に関する詳細な分析、そして、いかにそれがヒップホップを取り巻く流行のカルチャーと調和しているかについて語りかけてくれることでしょう。

ESQUIRE US

最終更新:9/7(水) 21:40

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。