ここから本文です

[東京都]「職場内障害者サポーター」を養成

政治山 9/7(水) 17:30配信

 東京都(1329万7600人)は、企業の人事担当者や障害者と一緒に働く職場の社員を対象に、「職場内障害者サポーター養成講座」を実施している。

 都はこれまで、障害者の職場定着支援のために東京ジョブコーチを企業に派遣してきたが、社内に日常的な支援を行う担当者を置くことで、周囲の理解も深めてもらうのがねらいだ。

 講座は3日間で、現状から考える社内支援体制の課題、障害特性をふまえた支援・雇用管理体制、障害のある社員との相互理解を深めるノウハウなどを学ぶ。

 講座修了後に「職場内障害者サポーター」として登録し、支援計画に基づき職場内の障害のある社員を6か月間支援、フォローアップ研修を修了した場合に、中小企業には24万円、大企業には12万円の奨励金を支給する。

(月刊「ガバナンス」2016年8月号・DATA BANK2016)

<株式会社ぎょうせい>

最終更新:9/7(水) 17:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。