ここから本文です

目のキワに”ちょこっと”添えるのが大人流。ワンポイントの鮮やか色!

集英社ハピプラニュース 9/7(水) 11:40配信

盛りメイクを引き立てるのが、こんな鮮やかカラー。マリソル世代は 下まぶたに、ライン代わりに使って、旬の色を楽しんで。
今年多いのがのモーブ系やスモーキーなアイカラー。ただし、まぶたを曖昧カラーにするなら、キワをちゃんと締めないとぼんやり。シャネルやヴィセの鮮やかなアイカラーもアイライン代わりに使えば、イタくならずに旬の顔になれそう。秋のキーカラーがそろうサンローランのパレットなら、その日の気分に合わせて使い分けられる。
大人が色を遊ぶならキワから、が正解!

1:カーキ、コッパー、ボルドー、今年らしい色がそろうパレット。その日のファッションやメイクに合わせて、色で遊んでみよう。パレット スキャンダラスレトロ(限定)¥7900/イヴ・サンローラン・ボーテ

2:なめらかなクリームテクスチャーのシャドウはマットな質感が美しい! 下まぶたにのせると、うるんだ色っぽい目もとに。イリュージョン ドンブル 128(限定)¥3800/シャネル

3:ひと塗りでしっかり発色するシングルシャドウ。マットなネイビーはライン代わりにも。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 011¥800(編集部調べ)/コーセー

最終更新:9/7(水) 11:40

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。