ここから本文です

ビールの売り子の時給は大企業役員クラスと同等だった --- 尾藤 克之

アゴラ 9/7(水) 16:36配信

暑い夏も終わり、プロ野球も終盤に差し掛かってきた。9月に入ったこの時期は夜もかなり涼しくなり野球観戦に相応しい季節となる。

そして、球場を彩る彼女たちの存在に気がつくはずだ。華やかに見える雰囲気、シンプルながら派手な服装、満面の笑顔、キビキビとした対応。この時期は、選手たちとともに、野球場で奮闘するビールの売り子の仕事もいよいよ最盛期を迎えることになる。

しかし、ビールの売り子は重労働だということをご存知だろうか?

■歩合制で、1時間で1万円は当たり前!?

まずはビール樽の重さである。1樽=15~18キロはあると言われている。2リットルのペットボトル飲料を9本背負っていることと同じ重さであるから重労働であることは間違いない。ペットボトルの箱買いの経験があれば分かるが、1箱6本入り。6本入りの箱をレジまで運ぶのでさえ一苦労なのに、さらに+3本の重さが加重されるのだから相当なものだ。

次に、野球場の階段はアップダウンが激しく急勾配な箇所も多い。これを何回も昇り降りするのだから結構な労力がかかる。また、天候の問題もある。真夏の直射日光、39度の熱射は体力を奪っていく。また、突然のゲリラ豪雨にさらされることもある。

ところが、これほどの重労働であるにも関わらず、ビールの売り子のアルバイトは人気の職業だそうだ。募集をかければすぐに人材は集まるらしい。

原 佳弘(以下、原)は、企業の人材育成やコンサルティングを提供する研修会社を運営している。その中で、企業の販売員トレーニングのベンチマークを探していた時に、野球場のトップ売り子が目に入り、彼女たちのエッセンスから、販売員トレーニングのコンテンツなどを開発している。今回は、球場を彩る「売り子の実像」に迫ってみたい。

原は、売り子が人気である理由について頑張った分だけ報酬がもらえる、歩合制の給与システムにあると述べている。この現場で、彼女たちは一体、いくら稼いでいるのだろうか?

「通常は、1日100杯前後、これが経験者の中での平均的なレベルです。1日の報酬は、9000円前後。時給にすると、2000~3000円でしょう。トップクラスになると、1日300杯を販売します。すると3万円近く稼げる勘定になります。時給であれば8000~9000円です(歩合の良いところであれば1万円超えも)。これは他業種と比較してもかなり良い時給と言えるのではないでしょうか。」(原)

月収や年収までシミュレーションしてみよう。月に、12日(3連戦を4回、毎週金曜~日曜)出勤すれば、平均的な売り子で月収11万円前後、トップクラスであれば、月収30万円を超してしまう。

「時給1万円と仮定すれば、大企業の役員クラスと比較しても遜色はありません。年収換算で比較しても、主任や係長などの管理職と同等と言えるのではないでしょうか。」(原)

■トップクラスの売り子のテクニックとは

原は、トップクラスの売り子にはいくつかの特徴があると述べている。売れるための戦術が秘められていると。

「まず、彼女たちは、お客様に対する目線や、目の届く場所を常に計算しています。ビールを頼むお客さんを逃さずキャッチしていると言えると思います。しかし、お客様を見つけると同時に大切なことは『声を掛けていただくこと』になります。そのため選んでもらうための目印を用意しています。」(原)

目印とはどのようなものだろうか。実はこの目印が多種多様で興味深いのだそうだ。

「個性的な目印を用意していることが多いですね。髪飾りに、花のモチーフや、キャラクターを付けたり、ネームプレートに手描きのPOPやイラストを加えることもあります。球団カラーと合わせたタオルを用意して、巻き方も目立たせるなどの工夫をしています。服装やカラーには一定のルールがあります。そのルールのなかで自分を映えさせるブランディングを実践しているとも言えるわけです。」(原)

服装や目印以外での特徴は無いのだろうか。

「自分から買ってくれるお客様を固めていくトークはさすがです。ある席でビールが1杯売れたとします。周囲のお客様に『今日は勝つといいですね!』と声を掛けたり、『ちょうど今、ビールの樽を替えたので新鮮ですよ!』とPRを忘れません。」(原)

大企業の役員クラスの時給を稼ぐスキルは並大抵ではないようだ。彼女たちのエッセンスは多くのビジネスパーソンにとっても参考になることだろう。野球場に行く機会があったら彼女たちの仕事ぶりに注目してもらいたい。また、高額紙幣を両替して持参いただくこともお忘れなく。

参考著書
『研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」』(DOBOOKS)(http://amzn.to/2bSi6Oc)

尾藤克之
コラムニスト

尾藤 克之

最終更新:9/7(水) 16:36

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。