ここから本文です

青森中2女子”いじめ自殺” 実母が悲痛の告白、現場新証言も

女性自身 9/7(水) 6:01配信

 8月25日午前10時ごろ。青森市立浪岡中学校2年生のA子さん(13)が、JR奥羽本線・北常盤駅のホームから飛び降り、普通列車にはねられ、帰らぬ人となった。学校内や、LINEグループでのいじめを苦にした”自殺”だった。現場近くに住む男性はこう続ける。

「これまで聞いたことがない列車の汽笛を耳にして、大変なことがあったと、家を飛び出しました。事故は、下り線のホームで起こりました。しかし、彼女が買った切符は上り線の列車。だからはじめは、上り線のホームにいたそうです。わざわざ跨線橋を渡って、反対側のホームまで行ったんです」
 
まだ13歳だった彼女は、線路に身を投げる寸前まで、迷い、もがき苦しんでいた。

「いまでも信じられません。だって事件の前日は、『東京に何着ていこうかなぁ』とか、『どんなお土産を買ってこようか』、と仲間とにぎやかに話していましたから……」

 そう語るのは、A子さんが小学校5 年のときから所属していた、津軽民謡に会わせて踊る「手踊り」チームの関係者。27日には、東京で手踊りの全国大会を控えていた。事件前日の練習も、いつも通り彼女は参加していた。

「帰るときも『へばな(じゃあね)』と笑顔で別れました。明るい性格で、普段は仲間とキャッキャして、先生に”うるせえ!”と注意されるくらいの子だったんです。それでも、人一倍責任感が強くて、教わった振付は、一生懸命覚えてくるし、後輩の小学生たちの面倒をよく見ていました。彼女を慕っていた小学生には、列車の事故で亡くなったとしか説明できません。彼女も全国大会に出ることを楽しみにしていたはずなのに……」

 遺書には、『流石にもう耐えられません(中略)もう生きて行けそうにないです。いじめてきたやつら、自分でわかると思います。二度としないでください』とあり、いじめをした生徒数名の名前が記されていた。二度といじめをしないでほしい――A子さんの最期の思いが、遺書にはこめられていた。

本誌は、A子さんの母親に、話を聞いた。憔悴しきった表情で、大粒の涙を流す母親の言葉は、”悲痛”さで溢れていた――。

「遺書をみて、娘にこんな悩みや考えがあったのか、と思いました……。感受性があって、しっかり自分の考えを持っていて……そんな一面は初めて知りました。
いじめられていることは知っていたし、なんとかしようと学校にも相談したけれど、もっとやれることがあったのかもしれません。いまは、まだ整理がつきません。ただ、どうして、どうして……と思うばかりです」

 彼女が命を絶つ日に着ていた白地に花柄のスカート、赤と白のスニーカーは、”お気に入り”の服装だったという。

「色白でかわいいし、頭も良かったんです。おじいちゃんが三味線奏者で、彼女は、小さいときから太鼓も上手。地区のイベントに出たこともありました。『手踊り』で全国大会に出場すると、地元の新聞に大きく載ることがあって、目立っていました。いじめについては、先生とも話していたし、挨拶してくれる笑顔は、解決する方向に向かっていたのかなと思っていただけに、悔やんでも悔やみきれません」(前出・手踊り関係者)

 いま、浪岡中は、学校内でのいじめの実態について調査中だ。娘を失ったA子さんの父親は、苦悶の表情を浮かべながら本誌にこう強く語った。

「先生がたの対応に不満はありません。納得いくまで調べると言ってくれています。遺書を公開したのは、いじめをなくしたい、というのが娘の願いだからです。子供が命を絶つという現実があることを知ってほしいです」

『いつか来世ででも●が幸せな生活をおくれる人になれるまで、さようなら。また、会おうね』(遺書より)

 彼女が遺したメッセージは、あまりに悲しい。

最終更新:9/7(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。