ここから本文です

肌のたるみ、くすみを解消 糖化を防ぐ7つのお茶

NIKKEI STYLE 9/7(水) 14:00配信

 何げなく口にするお菓子やジュースに含まれる糖質が、肌を糖化させ、たるみの原因になることをご存じですか。この「糖化たるみ」予防に効果を発揮するのが、緑茶や健康茶。糖質を減らすよりも簡単。7つのお茶を上手に飲んで、たるみ、くすみのない肌をキープしましょう。

◇  ◇  ◇  

 肌のたるみには、筋力低下だけでなく「糖化」も影響する。「糖化」は、体内のたんぱく質が、食事などでとった糖質と結合する現象。糖化が進むとたんぱく質はAGEs(終末糖化産物)に変わり、肌の黄ぐすみやたるみを招く。「AGEsは、老化を早める元凶。肌の土台であるコラーゲンにAGEsがたまると弾力や柔軟性が失われ、肌がたるむ」と、久留米大学の山岸昌一教授。濃い緑茶など抗糖化作用の高いお茶には、それを防ぐ可能性がある。

 「糖化予防には、血糖値の急上昇や、高血糖状態が長く続くのを避けるのが重要。高濃度の茶カテキン類は血糖値上昇を抑える働きを持ち、糖化やAGEsの蓄積予防効果が期待できる」(山岸教授)。閉経女性が1日に615mgの茶カテキンをとり、「4週間で食後血糖値が抑えられたとの報告がある」と、山岸教授。市販の350ml入りペットボトルの高濃度茶カテキン飲料なら1.2本程度でとれる計算だ。

 ただ、高濃度の緑茶はカフェインが多い。「寝つきが悪くなる、人により肝臓機能障害が出るという報告も。体調や体質に合わせて無理なく取り入れて」(山岸教授)

糖化たるみを防ぐお茶の飲み方ルール

●抗糖化作用の高いお茶を1日1~2杯飲む

 抗糖化作用を得るには、茶カテキンなら1日400~600mg程度が目安。濃くいれた緑茶を2杯(約200ml)程度でとれる量。カフェインが気になる人は、カフェインレスの健康茶を同量程度飲むことで、抗糖化作用が期待できる。

●1日何回かに分けて飲む

 糖化予防には、血糖値が高い状態を避けるのがカギ。食事と一緒に飲むほか、こまめに飲んで、お茶の抗糖化成分が常に血中にある状態をキープするのが得策だ。緑茶は変色すると効果が落ちてしまう。その都度いれるのがお薦め。

●ブレンドで効果アップ

 健康茶には、「AGEs(終末糖化産物)をたまりにくくしたり、たまったAGEsの分解を促したりする可能性がある成分が含まれる」(八木教授)。単品でもいいが、「ブレンドすると相乗効果で抗糖化作用が高まる」(同志社大学の八木雅之教授)。

1/3ページ

最終更新:9/7(水) 14:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。