ここから本文です

本田、浅野の課題指摘「足元にもっと自信を」。長谷部は代表としての自覚要求

フットボールチャンネル 9/7(水) 3:18配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、アウェイでロシアW杯アジア最終予選のタイ戦に臨み、2-0で勝利を収めた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 長く日本の攻撃の中心を担ってきた本田圭佑は今後に向け、「出ている選手にはそれぞれ何かしらいいところがあって出ているので、そのいい部分を生かしたい」と語ったが、タイ戦では新世代の象徴とも言える選手がチャンスを得て結果を残した。

 リオデジャネイロ五輪代表で、今夏からヨーロッパへ渡る浅野拓磨が1日のUAE戦に先発した岡崎慎司に代わってスタメン起用され、75分にチーム2点目のゴールを奪っている。

 その浅野の活用法について本田は「拓磨は足が速いので、それをどう生かすかだと思っている」と分析する。一方で「できるだけ足元の時はシンプルにプレーさせて、早めに裏に飛び出させる、とはいえ彼自身も足元にもっと自信をつけないといけない」と課題も指摘した。

 それでも「シュトゥットガルトに行って、いろいろな厳しいプレッシャーの中で磨かれていくんじゃないかな」と、後輩の新天地での挑戦にエールを送った。

 もちろんゴールを挙げた浅野本人も自らの課題を明確に理解している。「味方の選手も僕の動きを見てくれていたとは思うんですけど、タイミングが合わなかった。そこはこれからもっと合わせていくしかないと思います。僕自身も味方が出せるタイミングに動くところは課題としてやっていかないと」と、今後のさらなる成長に向けタイ戦で見つかった改善点をポジティブに捉えている。

 これまで岡崎のゴールに頼ることが多かった日本が浅野というタイプの違うストライカーを大成させられれば、世界と戦う上で大きな武器になる。キャプテンの長谷部誠も力強い言葉で技術面だけでなく精神面での成長を要求した。

「若い選手がもっと自覚を持って、自分が(日本を)W杯に連れていくんだという強い気持ちを持ってね。たとえば僕が23歳か24歳くらいで岡田さんの代表に入った時は、自分が中心でやっていくという気持ちで、周りの若い選手もそうでした。彼らにはそれくらいの気持ちでやっていって欲しいし、内に秘めているのであればもっともっと出してほしい」

 ロシアW杯出場のためにはこれまでの主力選手だけでなく、より若い選手たちの力が間違いなく必要になる。本田や長谷部が期待する浅野はドイツで進化を遂げ、新世代の旗頭として日本代表を背負っていかなければならない存在だ。

(取材:元川悦子【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 6:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。