ここから本文です

TGS 2015で注目を浴びた労働アクション『The Tomorrow Children』配信開始!!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる 9/7(水) 16:00配信

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日、PS4専用オンラインアクションゲーム『The Tomorrow Children』をリリースした。本作は国家の科学実験の失敗で滅亡の危機に瀕した世界が舞台で、プレイヤーは少女の姿をした生命体であるプロジェクションクローンとなって、労働に従事して文明を再建させるというストーリーだ。冷戦当時の社会主義国家をベースにしており、マトリョーシカによる人類の復活、外貨を使った秘密の取引など、“いかにも”と言いたくなるような要素が盛りだくさん。また19世紀初頭に発生した芸術運動、ロシア・アヴァンギャルドを意識した世界観も印象深い。

 開発は同社の子会社であるSIE JAPAN Studioと、気鋭の開発スタジオ・Q-Gamesの実力派タッグで手がけており、昨年の「東京ゲームショウ2015」では数々のメディアアワードを受賞する快挙を達成した。ビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金制で、販売形式はダウンロード配信のみとなっている。現在、様々な特典が付属する『建国者パック』が2,500円(+税)で購入可能だが、今秋にはゲーム本編だけを楽しめる入植版がリリース予定であるため、自分のプレイスタイルに合わせたバージョンを購入しよう。ちなみに、オンラインマルチプレイはPS Plusの加入者でなくてもプレイできるので、フレンドを誘って一緒にプレイすれば、より楽しめるだろう。

 次に株式会社コーエーテクモゲームスは、PS4およびPS Vita向けRPG『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』の発売日変更を発表。公式サイトのお知らせによると、さらなるクオリティアップを図るため、発売日を当初予定していた今月29日から11月2日に延期したとのこと。お知らせの最後には、ユーザーや関係者各位への謝意などが述べられていた。今回の発表に対し、Twitter上ではショックを受ける呟きが続出した一方で、「コーエーテクモさんは延期が日常茶飯事になっているような」と発売延期の常態化を指摘する声も。余談となるが、かのビッグタイトル『FINAL FANTASY XV』も11月に発売を延期しており、奇しくも本作とかち合うことになってしまっている。両タイトルの売れ行きに影響がなければよいのだが……。

 最後は株式会社ムービックが、トレーディングカードゲーム(以下、TCG)『LEVEL. NEO』のサポート終了を発表したというニュース。『LEVEL. NEO』といえば、劇場で公開された『空の境界 未来福音』や『ペルソナ3』、『魔法科高校の劣等生』などの人気アニメを題材にしたTCGで、14年より2年に渡って展開されてきた。今回の発表に対し、Twitter上では「2年ならもったほうだよなあ」「よく2年も持ちこたえたと言えるのかもしれない」といったように、競争率の激しいTCG市場の中で健闘したことを称える呟きが見受けられる。なお、公式サイトのお知らせでは、ユーザーや取り扱い店舗への感謝が述べられていたほか、年末まで予定されている各公式大会はスケジュール通り開催する旨が掲載されているので、最後まで楽しみたいところだ。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・プレイステーション公式サイト 『The Tomorrow Children』特設ページ
http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000cusa01242_000000000000000000.html
・『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』公式サイト
http://social.gust.co.jp/pc/product/firis/
・『LEVEL. NEO』公式サイト
http://levelneo-tcg.com/other/134418/

最終更新:9/7(水) 16:00

おたぽる