ここから本文です

ShuuKaRen、新曲で男子プロバスケリーグテーマソングを担当 開幕戦で初パフォーマンス

リアルサウンド 9/7(水) 11:10配信

 ShuuKaRenが新曲 「Take-A-Shot! feat. PKCZ(R)」で、男子プロバスケットボールリーグ『B.LEAGUE 2016-17 SEASON開幕戦テーマソング』を担当することが決定した。

 ShuuKaRenは、藤井萩花(E-girls/Flower)と藤井夏恋(E-girls/Happiness)による姉妹ユニット。今回、9月22日・23日に国立代々木競技場第一体育館で開催する、同リーグの開幕戦オープニングアクトを、ShuuKaRen、PKCZ(R)、SAMURIZE from EXILE TRIBEが務めることも決定。ShuuKaRenは、全面LEDコート上で初パフォーマンスするという。また、同楽曲のプロデュースも務めたPKCZ(R)による、B.LEAGUE公式アンセム「BREAK THE BORDER」を同開幕戦のハーフタイムショーで、PKCZ(R)とSAMURIZE from EXILE TRIBEが披露することも決定した。

 なお、現在、両楽曲のティザー映像をB.LEAGUE公式サイトにて見ることができる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/7(水) 11:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。