ここから本文です

長谷部、サイド攻撃は「前回の試合から進歩した点かなと」

フットボールチャンネル 9/7(水) 5:20配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯アジア最終予選・第2戦でタイ代表と対戦し2-0で勝利した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

「勝ち点3を取れたのが一番良かったこと」。試合後、長谷部誠は安堵感を口にした。試合全体としては「多くの課題が出た」ため満足はできない。自身も不用意なミスでピンチを招いてしまっている。「勝てたことは良かったが危機感、このままではダメだというのはある」と、自分に言い聞かせるように振り返った。

 この日は前半からサイド攻撃が目立ち、原口元気の先制点も右サイドからのクロスを決めたもの。UAE戦の反省が活かされていた。

「前回のように真ん中、真ん中になると相手も的を絞りやすい。なるべくサイドを使うことは考えた中で、1点目はサイドから点が取れた」

 サイド攻撃から多くのチャンスを作ったことは評価できるだろう。長谷部は「決めるという課題はあるが、前回の試合から進歩した点かなと思う」と手応えを感じているようだ。

 最終予選初勝利を挙げたが、ハリルジャパンはまだ何も成し遂げていない。「喜ぶのは今日、明日まで」と長谷部。気持ちを切り替えて各々が所属クラブで奮闘し、少しでも成長した状態で再び集結したいところだ。

(取材:チェーザレ・ポレンギ【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 6:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)