ここから本文です

管理栄養士に聞く二日酔いに効く朝食メニュー6選

@DIME 9/7(水) 19:30配信

頭が痛くて体がだるい…おまけに少し吐き気も残っていて、食欲もない。そんな二日酔いの朝には、どのような対処をしているだろうか。朝食は食べずに出かけるという人も多いだろう。しかしある程度、エネルギーになるものを食べておかないと、一日のパフォーマンスに支障が出てしまう。

そこで、ビジネスパーソンが摂っておきたい二日酔いの朝メニューを、管理栄養士に教えてもらった。

■二日酔いの朝の食事のポイントは?

二日酔いの朝は、朝食を準備するのすら億劫になるものだ。そもそも朝食は摂るべきなのだろうか? 管理栄養士の若子みな美さんに、二日酔いの朝食について聞いた。

「二日酔いで食欲がない朝は、無理に朝食を食べなくてもOKです。食欲がないというのは胃腸からの『休息したい』サイン。この声に耳を傾けて、胃腸を休ませてあげるのもいいでしょう。

一点、気をつけたいのは、水分補給はしっかりするということ。アルコールを飲むと、利尿作用が働くため、自分が思っている以上に身体の水分が失われています。二日酔いの日は、朝からこまめに水分補給するのがマスト。ただし冷たいものは避け、白湯や常温の水など胃腸に負担をかけないようにしましょう。

少しでも食欲がある、仕事のために朝食を食べておきたいという場合、消化の良いお粥などが良いですよ。そして、タンパク質の補給のために、消化の良い卵や大豆製品をプラス。また、バナナやりんごなどの果物もビタミンCやカリウムが補給できてオススメです。自分の体調に合ったものを選びましょう」

■簡単に用意できる!二日酔いの朝にオススメの朝食メニュー6つ

そこで、二日酔いのオススメ朝食メニューを6つ、若子さんに教えてもらった。

<あまり食欲がないとき>

食欲がないときは、消化の良い物や簡単に作れるものでOK。胃腸に負担をかけない朝食にしましょう。

●レンチンお粥
冷凍のご飯と同量の水をお椀に入れ、電子レンジでチンすれば、お粥のできあがり。梅干しや佃煮海苔などと一緒に食べれば、塩分も補給できます。お粥は消化が良いだけでなく、水分も一緒に補給できるので、二日酔いの朝にはオススメです。

●かつお節の味噌汁
味噌とかつお節を器に入れ、お湯をそそぐだけで味噌汁の完成。乾燥わかめや海苔などを入れるとGOOD。

●フルーツヨーグルト
一口大に切ったフルーツとヨーグルトを一緒に食べれば、フルーツの食物繊維やカリウム、ビタミンCと、ヨーグルトのタンパク質やカルシウムが一度に摂取できます。

<普通に食べられるとき>

普通に食べられるときは、「主食(ごはんやパン)+主菜(タンパク源)+副菜(野菜)」を組み合わせることを意識するといいですよ。忙しい朝は、準備や片付けも簡単に済ませたいところですね。

●たまご納豆
納豆と卵を混ぜて、ごはんにかけて食べましょう。納豆や卵に含まれるタンパク質は、体内でアミノ酸に分解され、二日酔いの改善に力を発揮します。主食と主菜が一度に食べられるので、忙しい朝にもサクッと食事を済ませられます。

●具だくさん味噌汁
味噌汁を具だくさんにすれば、それだけで副菜の完成。小さめの鍋に、冷蔵庫の余り物の野菜を全部入れて、顆粒だしと味噌を入れれば完成。野菜を切って冷凍しておくと、包丁やまな板を使わずに済みますよ。

●3分おひたし
ほうれん草や小松菜を、キッチンばさみでざく切りにし、耐熱容器に入れてレンジで1~2分加熱。醤油やめんつゆなどで味付けすれば、3分程度でできあがり! 少量のバターやコンソメと加熱すれば、洋風ソテーにもなります。味付け一つでどんな料理にも様変わりするので、とっても万能な料理です。

二日酔いの朝も、これらのメニューなら、食事が楽しくなりそうだ。これらの食事を摂ってパワーチャージをし、元気に一日をはじめよう!


取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:9/7(水) 19:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き