ここから本文です

酒井宏、先制アシストに守備でも奮闘「ゼロで抑えて負けなかったので良かった」

フットボールチャンネル 9/7(水) 5:40配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯アジア最終予選・第2戦でタイ代表と対戦し2-0で勝利した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 前半18分、貴重な先制ゴールをアシストしたのは、右SBの酒井宏樹だった。

「早い時間帯から外を使ってくれたし、中は空いていた。みんながゴールに向かって走っている時は、(相手にとって)危険なボールになるから僕らも上げやすい。みんなが待っている時に上げても意味がない。ああやって何回か外を使ってくれると中も生きてくるので、そういうバリエーションを増やしていきたい」

 その後も日本は決定機を作ったが、終盤まで追加点が奪えない。その中でタイに反撃を食らう時間もあった。「危ないシーンが1、2本あったが、しっかりゼロで抑えて負けなかったので良かった」と酒井宏が言うように、完封で終われたことは守備陣にとって大きな価値があるだろう。

 とはいえ、早い時間帯で2点目を奪えていれば、試合運びも楽になったはずだ。守備陣の負担を減らす意味でも、ハリルジャパンにはチャンスで確実にネットを揺らすことが求められる。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 6:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。