ここから本文です

酒井宏、先制アシストに守備でも奮闘「ゼロで抑えて負けなかったので良かった」

フットボールチャンネル 2016/9/7(水) 5:40配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯アジア最終予選・第2戦でタイ代表と対戦し2-0で勝利した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 前半18分、貴重な先制ゴールをアシストしたのは、右SBの酒井宏樹だった。

「早い時間帯から外を使ってくれたし、中は空いていた。みんながゴールに向かって走っている時は、(相手にとって)危険なボールになるから僕らも上げやすい。みんなが待っている時に上げても意味がない。ああやって何回か外を使ってくれると中も生きてくるので、そういうバリエーションを増やしていきたい」

 その後も日本は決定機を作ったが、終盤まで追加点が奪えない。その中でタイに反撃を食らう時間もあった。「危ないシーンが1、2本あったが、しっかりゼロで抑えて負けなかったので良かった」と酒井宏が言うように、完封で終われたことは守備陣にとって大きな価値があるだろう。

 とはいえ、早い時間帯で2点目を奪えていれば、試合運びも楽になったはずだ。守備陣の負担を減らす意味でも、ハリルジャパンにはチャンスで確実にネットを揺らすことが求められる。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:2016/9/7(水) 6:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)