ここから本文です

じん手がける「カゲプロ」、描き下ろしパズル&缶バッチ発売 ニコ生で放送のサウンドノベルも収録

リアルサウンド 9/7(水) 12:10配信

 じん手がける「カゲロウプロジェクト」が、『MEKAKUCITY LOG Vol.1 ~MEKAKUCITY PUZZLE~』『MEKAKUCITY LOG Vol.1 ~MEKAKUCITY BIG CAN BADGE~』の2商品を10月7日に発売する。

 『MEKAKUCITY LOG Vol.1 ~MEKAKUCITY PUZZLE~』は、月刊コミックジーン連載中の「カゲロウデイズ」の作画を担当する漫画家・佐藤まひろ描き下ろしのパズルを、『MEKAKUCITY LOG Vol.1 ~MEKAKUCITY BIG CAN BADGE~』は、同じく佐藤が描き下ろした缶バッチをメイン商品としたグッズ。いずれも、8月7日~15日にかけてニコニコ生放送で配信されたオリジナル・サウンドノベル『SEEK at MEKAKUCITY』の完全版を特典映像として収録する。また、関東地区店舗限定の購入者特典として、抽選でイベントに招待する企画も行なう。さらに、『MEKAKUCITY LOG Vol.1 ~MEKAKUCITY PUZZLE~』には、昨年4月に文化放送で放送した『メカクシラジオ』の未公開コンテンツを含むディレクターズカットも特典として付属する。本日9月7日より、アニメイト各店舗にて両商品の予約受付を開始している。

 そして、今年初冬には、MX4D『カゲロウデイズ-in a day’s-』が全国のTOHOシネマズのMX4D劇場にて公開予定。同作品は、『カゲロウデイズ』キャラクター原案者で、MVも数多く手掛けるイラストレーター兼映像作家、しづが初監督を務めるとのこと。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/7(水) 12:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。