ここから本文です

メル・ギブソン、あのヒーロー大作をこき下ろす「ムダばかり」「クソみたいなもの」

女性自身 9/7(水) 11:39配信

メル・ギブソンの『アポカリプト』以来10年ぶりとなる監督作『ハクソー・リッジ(原題)』の公開が間近に迫っている。第二次大戦を題材とした本作の製作費は5500万ドル。この額は予算が肥大化している昨今の大作と比べるとかなり控えめだ。撮影はオーストラリアで行われたが、無駄な出費を極力抑えるため、為替レートにも細心の注意を払っていたようだ。そんなギブソンが、ヴェネツィア国際映画祭で、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に噛み付いた。

「クソみたいなもんだよ。こんな下らないものに興味はないね。本物のスーパーヒーローと、コミックの中のスーパーヒーローの違いが何だかわかるかい? 本物のヒーローはスパンデックスなんか着ないんだよ。スパンデックスは金がかかる」

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の製作費は、『ハクソー・リッジ(原題)』の4.5倍にあたる2億5000万ドル。全世界で8億7200万ドルを稼いで興行的には成功を収めたが、脚本の稚拙さが目立ち批評家からは酷評された。ギブソンはこのような作品に大金がつぎ込まれることが許せないようで、さらに舌鋒を向けた。

「『アポカリプト』は3000万ドルだった。2億ドル以上かけた映画に、これに匹敵する価値があるとは思えない。こういう映画を見ると、頭をかきむしりたくなるよ。本当に困惑の一言だ。膨大なムダがあると思う。まあ、グリーンスクリーンばっかり使って映画を撮ってみたら、違うのかもしれないけどね。でも、もっと抑えることはできたと思うよ。1億8000万ドルなんて法外だよ。税金を取られて、出資者に配当したら何が残るって言うんだ」

ギブソンが少ない予算で精一杯やりくりして完成させた『ハクソー・リッジ(原題)』は11月4日に米国で公開される。

最終更新:9/7(水) 11:39

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)