ここから本文です

強化に貪欲な王者レスター ポルトガル代表MF獲得にクラブ史上最高額を用意か

Football ZONE web 9/7(水) 14:10配信

スポルティングの主将、アドリアン・シウバの獲得をいまだ諦めず

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、今夏も獲得に動いたスポルティングCPの主将でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ獲得を諦めておらず、来年1月に再開する移籍市場でも改めてオファーを出すという。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レスターは夏の移籍マーケット最終日に、スポルティングからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニをクラブ史上最高額の3000万ユーロ(約34億2000万円)で獲得。その際に、MFシウバとの“ダブル獲り”を目指していた。

 同選手はポルトガルメディアのインタビューでレスターからのオファーを認めつつ、「レスターはとても興味深いし、僕のキャリアの目標に合致する」と、プレミア王者への移籍をほのめかす発言を残していた。

 レポートによると、レスターは2000万ポンド(約27億円)に加え、追加ボーナス最大400万ポンド(約5億4000万円)という条件でオファーを提示したが、スポルティング側が拒否したという。

 今夏中の獲得は叶わなかったが、レスターは移籍金クラブレコードを更新したスリマニに匹敵する2500万ポンド(約34億円)まで増額して再アタックを仕掛けると予測されている。またレスター加入となれば、シウバの年俸は現在の4倍以上となる400万ポンド(約5億4000万円)を超えると見られている。

スポルティング側は51億円以上を希望

 ただしスポルティング側は、契約に含まれるバイアウト条項を満たす3750万ポンド(約51億円)以下での放出は望んでいないという。

 スリマニの他にも、ポルトガル代表MFジョアン・マリオをインテルに放出するなど主力の流出が続いている状況で、キャプテンマークを巻くシウバをそう簡単に手放すことはないようだ。

 リーグ王者としてシーズンを迎えたレスターは、今夏に多額の資金を投じて積極的に補強するなど強化に余念がなかった。冬の移籍市場でも大物獲得は実現するだろうか。今後の動向から目が離せない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(水) 14:21

Football ZONE web