ここから本文です

タイ地元紙もエース本田の“衝撃的な空振り”に驚愕 「なぜだかミスした」と現地で波紋呼ぶ

Football ZONE web 9/7(水) 15:15配信

浅野の突破から訪れた大チャンス。誰もがゴールを予感したのだが…

 日本代表FW本田圭佑(ACミラン)は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2節の敵地タイ戦において決定機で空振りする痛恨のミスを犯したが、“空振りの衝撃”はタイでも波紋を広げている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 前半18分、ヘルタ・ベルリンFW原口元気の先制ゴールで日本がリード。そして、1トップに抜擢されたシュツットガルトFW浅野拓磨が、持ち前の突破力を発揮する。エリア内でマーカーを抜き去ると、中央に走りこんだACミランFW本田圭佑に完璧なパスを通す。誰もがゴールを予感したのだが……。

 しかし、この大チャンスに本田がまさかの空振り。追加点の機会を見す見す逃し、ベンチ前のハリル監督はピッチ内に向かって絶叫すると、持っていた白いタオルをピッチに叩きつけるなど怒りを爆発させていた。

 タイ地元紙「ザ・ネーション」は、ハリルジャパンのエースが犯した失態を克明に取り上げている。

「このグループで、ワールドカップ本大会に自動出場できる2枠を巡り、アジア王者のオーストラリアとともに本命視される日本は、追加点を奪い、点差をすぐに広げるはずだった。浅野がエリア内で加速し、ファーサイドで待つ本田に低いパスを供給。しかし、ACミランのプレーメーカーは、なぜだか至近距離からシュートをミスしてしまった」

本田もミスに「なんでなんかなって感じ」

 タイメディアは“当てるだけ”という場面で空振りした本田のプレーに驚きを隠せない様子だったが、それは本人にとっても同じだったようだ。

 本田は試合後、タイでも波紋を呼んだ空振りについて「まあ、見てみないと分かんないですけど、空振ったんで、なんでなんかなって感じです。そこまで(ボールが)跳ねた記憶もないんで、ちょっとビデオ見てみないと分かんないですけどね」と説明。後日ビデオで検証するつもりと語っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(水) 15:15

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。