ここから本文です

ミラン、中国資本から頭金全額を受け取ったことを発表。年内にクラブ売却完了へ

フットボールチャンネル 9/7(水) 8:00配信

 イタリア・セリエAのミランが、中国資本から頭金全額を受け取ったことを発表した。6日にミランの親会社である『フィニンヴェスト』が発表している。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 先月5日、ミランは約2年間交渉していた中国コンソーシアムとクラブ株式の99.93%を5億2000万ユーロ(約597億円)で売却することで合意に至った。

 さらに合意には、2億2000万ユーロ(約252億円)に及ぶクラブの負債の返済に加え、今後3年間で3億5000万ユーロ(約402億円)の投資を約束する条件も含まれている(その内1億ユーロ(約115億円)が冬の移籍市場で投資されることになっている)。

 同日中国資本は、合意に至った日に支払った1500万ユーロ(約17億円)の頭金の残額である8500万ユーロ(約97億円)をフィニンヴェストへ入金。そして午後に同会社は、「年内に見込まれた売買取引契約の手続き完了に向け重要な一歩を踏み出しました」と公式表明を出した。

 これにより、11月に支払いが見込まれている残りの4億2000万ユーロ(約482億円)が全額入金されれば、年内以内に中国資本への売却が完了することになる。合計で10億ユーロ(約1149億円)以上となる超巨大取引。いよいよ売却手続きも大詰めを迎えたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)