ここから本文です

日本に0-2の敗戦もタイ紙は謙虚「日本に負けたが”非常に貴重な経験”をした」

フットボールチャンネル 9/7(水) 7:55配信

 現地時間6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はタイ代表と対戦。原口元気や浅野拓磨がゴールを決め、日本は2-0の勝利をおさめている。タイ側にとっては2連敗となり苦しい展開となったが、タイのスポーツ紙『サヤーム・ギーラー』は謙虚なコメントを残している。

【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

 タイは初戦のサウジアラビア戦に敗れ日本戦でも黒星をつけたことから勝ち点ゼロの2連敗となった。タイリーグの成長、サッカー人気上昇、そして”タイのメッシ”の愛称を持つチャナティップ・ソンクラシンといった若手有望株が現れるなど、タイ代表はここ数年で急成長を続けているチームだ。

 しかし、同紙は「日本に負けたが、”非常に貴重な経験”をした」との見出しをつけて試合を紹介している。また、「試合の修正点を見つけ出すことで、さらに自分自身を成長することができる。我々は絶対に諦めない」といったコメントも載せた。自国代表を批判するどころか、挑戦者として日本と戦ったかのように、自国代表の成長を期待するコメントを載せている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 12:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)