ここから本文です

出番を失う韓国代表エースの移籍金がまさかの高騰! トットナムが15億円アップを要求

Football ZONE web 9/7(水) 19:28配信

ソン・フンミン獲得に執念を燃やすヴォルフスブルク

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、昨夏にアジア人史上最高額の移籍金2200万ポンド(約30億円)でレバークーゼンから加入するも、昨季リーグ戦は4得点に終わった。そして今夏には、リオデジャネイロ五輪の韓国代表にオーバーエイジ(23歳以上)枠で参戦するも、準々決勝ホンジュラス戦で決定機を外してチームは敗退。試合直後にアディショナルタイムの短さから主審に猛抗議をしたソンだが、あえなく却下されると号泣し、ピッチ上に倒れ込んだ。今季のトットナムでも、公式戦出番なしと苦しい状況が続いている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 30億円の移籍金に見合う活躍ができていないソンだが、移籍金が高騰するという衝撃の事態に発展している。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。

 ソンは今夏の移籍市場で、ドイツの強豪ヴォルフスブルクから獲得オファーが届いた。2400万ポンド(約32億6000万円)と1年前の獲得額よりも移籍金が高騰していたが、トットナムはレアル・マドリードのスペイン代表MFイスコの期限付き移籍での獲得に失敗したこともあり、ソンを残留させていた。

トットナム側は移籍金45億円を要求

 そして最新のレポートによると、トットナムで出番のない韓国のエースはベンチを温めている間、価値をさらに高めているという。同紙によれば、ヴォルフスブルクはソン獲得に執念を燃やしており、トットナムはソンの移籍金として3350万ポンド(約45億円)を要求しているという。

 テレビ放映権の高騰で移籍金バブルが巻き起こっているプレミアリーグだが、昨季期待された結果を出せなかったソンの移籍金が15億円も高騰する珍現象が巻き起こっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(水) 19:28

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。