ここから本文です

英国人が見たタイ戦「香川はもういい。チームを背負えない」「MVPは原口と酒井高」

フットボールチャンネル 9/7(水) 10:00配信

日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でタイ代表と対戦して2-0の勝利を収めた。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

各グループの上位2チームが本大会出場権獲得 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

「清武の先発落ちはびっくり」「今日のスタメンならトップ下は本田」

――タイ戦の注目選手は誰ですか?
「原口かな。UAE戦の清武は良かったと思ったけど、落とされてしまった。原口が攻撃の原点にならなきゃ」

――清武はUAE戦で良いプレーをしていたのに、先発落ちとなってしまいました。
「うん、ちょっとびっくりね。そして、また香川が先発になった。今のサッカーはブランドが大事になってるね…」

――トップ下は誰が務めるのがいいと思いますか?
「今日のスタメンなら、本田がいいかな」

――タイ代表は格下ですが、近年は急成長していて侮れない相手ですね。
「アジアでいろんなチームが成長している。日本も90年代から成長したけど、最近はレベルがあまり変わらなくなった。それは非常に大きな問題。間違いなく、今日のゲームは難しくなる」

――タイの選手もテクニックがありますね。
「技術的に上手いと思う。弱みは戦術かな」

――日本は引き分けでも、ワールドカップに向けてかなり厳しくなりますね。
「そうですね。勝たなきゃいけないけど、そのプレッシャーはどう対応できるかどうか…」

――今日の審判は、アジアカップで川島を退場させた主審ですね。
「この試合には関係ないと思うけどね」

――ピッチの状態はかなり劣悪なようです。至るところで芝がめくれています。
「おばあちゃん家のカーペットみたい。でも仕方ないね。だからこそ、日本は技術だけでは足りない。このような芝生では、綺麗なサッカーはずっと出来ない」

「香川は3年くらい目立ってない。少し休んだ方がいい」

――酒井宏樹のクロスに原口がヘディングシュートを決めました! 日本は待望の先制点です。
「スペースいっぱいあったね。宏樹も元気も。2列目の選手はもっと点を取らなきゃいけない。今からタイはディフェンスラインをもっと上げないといけないので、浅野のカウンターが活きてくる。ハーフタイムの前に追加点が必要」

――森重がボールの空気が抜けたことを主張しただけでイエローカードを受けてしまいました…。
「あの審判、面白いね。そのイエローは意味が分からない。彼は自分が主役になりたいタイプ。高校の先生のような審判」

――今のところ日本はタイのカウンターにもできてますね。
「前半はディフェンス対アタックだね。タイに全然ピンチを与えてない」

――前半は1-0でした。どういった印象でしたか?
「1-0だけは残念。タイは後半でもっと攻めると思う。1ゴールだけはもったいない」

――前半の香川はあまり目立たなかったですね。
「3年くらいそうだね。少し休んだ方がいいと思う」

――香川と浅野のコンビネーションはほとんどありませんでした。
「そうだね。連携はあまりよくない。浅野はカウンターで使った方がいい。下がっているディフェンス相手に使う考えはちょっと理解できない」

1/2ページ

最終更新:9/8(木) 18:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)