ここから本文です

18歳ラッシュフォード、またも衝撃的なデビュー! U-21英代表で”ハット”達成

フットボールチャンネル 9/7(水) 10:30配信

 現地時間6日にU-21欧州選手権の予選が行われ、イングランド代表はノルウェー代表と対戦し6-1の勝利をおさめている。この試合でマンチェスター・ユナイテッドに所属する18歳のFWマーカス・ラッシュフォードがまたしてもデビュー戦で輝きを放った。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 試合開始して29分にラッシュフォードが先制点を決めると、38分にナサニエル・チャロバー、64分にルーベン・ロフタス=チークが追加点を決める。そして、66分に相手選手を引きつれながらラッシュフォードがゴールを決め、68分の味方のゴールを挟んで72分にも得点を決めた。ラッシュフォードはU-21イングランド代表のデビュー戦でハットトリックを達成している。

 プレミアリーグデビュー戦となったアーセナル戦で2得点1アシスト、ヨーロッパリーグデビューとなったミッティラント戦で2ゴール、イングランド代表として初出場したオーストラリア戦でも1得点、そして今回の3得点と、あらゆるデビュー戦でラッシュフォードは衝撃的な印象を残している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。