ここから本文です

W杯欧州予選で不発の“むっちり”ゲッツェ 元ドイツ代表GKは「何もしなかった」と苦言

Football ZONE web 9/7(水) 22:50配信

ドルトムントで香川とトップ下を争うゲッツェに対して、ドイツ代表OBが厳しい批判

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦とタイ戦で輝きを放てないまま終わった。その一方で、ドルトムントで香川とトップ下のポジションを争うドイツ代表FWマリオ・ゲッツェも、W杯欧州予選のノルウェー戦で冴えないパフォーマンスに終始し、OBから厳しく批判されている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ゲッツェは4日、3-0と勝利した敵地ノルウェー戦に先発。だが、さしたる活躍ができないまま途中交代となった。「ドイツ最高の才能」と呼ばれたゲッツェについて、元ドイツ代表GKで現役時代にアーセナルやドルトムントで活躍し、ドイツテレビ局「RTL」の解説者を務めるイェンス・レーマン氏は「彼は何もしなかったと感じている。彼はいい奴なんだが、彼自身の問題なのかどうかを自問自答すべきだ」と一刀両断した。

 ゲッツェは2014年に宿敵バイエルン・ミュンヘンに裏切りの移籍も、ペップ・グアルディオラ監督からの信頼を得られず、今季から就任したカルロ・アンチェロッティ新監督から戦力外と通告され、今季ドルトムントに復帰した。

 トーマス・トゥヘル監督は、今季まだゲッツェを起用していないものの「中央で起用する」と明言。しかし、当のゲッツェと司令塔とフル稼働が期待される香川は、ともに国際Aマッチで低調な出来だった。

本人は「ゴールが足りないだけ」と豪語も…

 ゲッツェの体型はまだ“むっちり”しているが、地元紙「ルール・ナハリヒテン」によると、「すべては計画通り。僕は99.9パーセント仕上がっている。あとはゴールが足りないだけだ」と豪語しているという。

 ドイツ絶対王者バイエルンを追撃し、2年ぶりの参戦となるUEFAチャンピオンリーグでも躍進が期待されるドルトムントだが、シーズン序盤から“至宝コンビ”香川とゲッツェの不調という問題に直面している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(水) 22:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。