ここから本文です

ミラン監督痛恨! 新加入の“愛弟子MF”がW杯南米予選で負傷 数週間の離脱へ

Football ZONE web 9/7(水) 23:42配信

チリ代表フェルナンデスが、ボリビア戦で出場わずか10分間で負傷交代

 各国でワールドカップへの切符をかけた予選が行われているなかで、日本代表FW本田圭佑が所属するACミランに悲報が舞い込んだ。移籍市場最終日となった8月31日に駆け込み補強したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の愛弟子が、出場わずか10分で負傷してしまった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 “マティ・フェルナンデス”ことチリ代表MFマティアス・フェルナンデスは、現地時間6日のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選ボリビア戦に後半9分から途中出場したものの、わずか10分で負傷交代となった。同紙によると、左足太ももの筋肉に問題が発生したということで、全治まで数週間かかることが予想されるという。

 移籍市場最終日のミランは、それまでの“格安補強路線”から突如としてイングランド代表MFジャック・ウィルシャーやスペイン代表MFセスク・ファブレガスなどビッグネームにオファーを乱発。現地メディアで「時間の無駄」と酷評される戦略に打って出たが、最終的にはフィオレンティーナ時代にモンテッラ監督が指導し、信頼のあったフェルナンデス獲得をタイムリミット直前に決めていた。

本田に今季初出場のチャンスが到来か?

 しかし、その切り札もミランでのゲームに出場する前に代表戦で負傷するという最悪の事態になってしまった。今週末のリーグ第3節ウディネーゼ戦では、FWエムベイエ・ニアングとMFユライ・クツカを前節の退場処分による出場停止で欠くだけに、いきなりのデビューも想定されるなかでの悲報となった。

 日本代表の一員として戦った本田は、6日のタイ戦を終えてチームに合流する。故障者や出場停止が続出しているなかで、今季の公式戦で初出場のチャンスを得ることはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(水) 23:42

Football ZONE web