ここから本文です

ベイル、悲願のW杯出場へ向け好発進「歴史を作り続けている」

フットボールチャンネル 9/7(水) 13:20配信

 ウェールズ代表が悲願のワールドカップ(W杯)出場へ向け好発進を切った。エースのFWガレス・ベイルは「歴史を作り続けている」とチームの進化に自信を見せている。5日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 1958年スウェーデン大会以来のW杯出場を狙うウェールズ。先のEURO2016でベスト4に入った勢いそのままに、ホームでモルドハを4-0と一蹴した。大黒柱ベイルも2ゴール、1アシストの活躍を見せた。

 試合後、ベイルは「ガッチリと固めてくる相手に対し、難しい試合になることは分かっていた。ただ我々はそうした相手と対戦することを学んできた」とコメントする。

 そして「チームとして成長し続けており、このままこれを続けていきたい。EUROでの躍進は歴史的なものだったが、もう過去のことだ。今は歴史を作り続けている時なのだ」とチームの進化を語る。

 EURO2016では最大のサプライズチームとなったウェールズ。しかし、今や彼らの強さがフロックではないことは世界の知るところだ。ベイルを中心とした一丸サッカーの快進撃はまだ続きそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 13:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。