ここから本文です

完敗認めた“タイのメッシ”、将来的なJリーグ行きを希望「もしチャンスがあるなら…」

フットボールチャンネル 9/7(水) 14:41配信

 日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でタイ代表と対戦し、アウェイで2-0の勝利を収めた。

日本は何位? W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 試合を終始支配し、20本以上のシュートを放ちながら2得点止まりと不満の残る内容だったが、最終予選で初白星を挙げている。

 “タイのメッシ”の異名を持つタイ代表FWチャナティップ・ソンクラシンは試合後、完敗を認めて日本を称えている。大手メディア『フォー・フォー・トゥー』タイ版が伝えている。

「この事実を受け入れ、前進していかなければならない。日本は日本だった。彼らは本当に強い」

 また、チャナティップは将来的にJリーグでプレーすることへの願望を明かすとともに、自国リーグよりも高いレベルでプレーすることは代表チームの発展にもつながると語った。

「もしチャンスがあるのなら、日本でプレーしてみたい。それによって僕たちは進歩できるだろう。日本のリーグはタイよりも明らかに優れている」

 現在のJリーグには“ベトナムのメッシ”ことグエン・コン・フオン(水戸)、“ベトナムのピルロ”ことグエン・トゥアン・アイン(横浜FC)など東南アジアの国籍の選手が増えてきている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 11:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)