ここから本文です

ミランに痛手、新加入チリMFが代表戦で負傷。1ヶ月間の離脱の可能性も

フットボールチャンネル 9/7(水) 21:30配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、今夏に加入したばかりのチリ代表MFマティアス・フェルナンデスをすでに約1ヶ月間も失ってしまう恐れがあるようだ。7日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】伊紙が特集 本田、得点を生む“6つの技”

 夏季移籍市場最終日に駆け込みでミランに加入したM・フェルナンデスは、現地時間6日に行われたワールドカップ南米予選のボリビア戦に途中出場。しかし、54分にMFロドリゴ・ミジャールと交代して入った同選手は、その10分後に筋肉を負傷してピッチを後にしている。

 同紙によれば、左ハムストリングの肉離れを起こしたという。M・フェルナンデスは今年の3月にも同じ個所を故障させており、その時には約1ヶ月間の離脱を余儀なくされたことから今回も回復までに同程度の期間がかかるとみられているようだ。

 2試合の出場停止処分を受けたことでスロバキア代表MFユライ・クツカを起用できない上に、さらにもう1名のMFをも失ってしまったモンテッラ監督。M・フェルナンデスの離脱は、ミランにとって大きな痛手となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 21:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。