ここから本文です

山口、天皇杯でも快進撃! 守護神・一森がPK2本ストップでJ1福岡撃破

フットボールチャンネル 9/7(水) 22:10配信

 第96回天皇杯の2回戦が7日に4試合行われ、来年元日の決勝を目指す戦いが全国各地で繰り広げられた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 その中でもアビスパ福岡とレノファ山口の一戦はPK戦までもつれる大激戦となった。前半はスコアレスのまま終えた両チームだったが、後半開始直後の49分に鳥養祐矢のゴールでJ2の山口が先制する。

 しかし、福岡もJ1の意地を見せる。失点直後の51分に邦本宜裕が同点ゴールを奪った。そして試合は延長戦へと突入する。

 そこで試合を先に動かしたのはホームの福岡だった。延長前半の103分、同点弾を挙げた邦本が再びゴールネットを揺らしてついに勝ち越しに成功する。だが、試合はまだ終わっていなかった。延長後半終了間際の120分、山口の星雄次が執念で福岡ゴールにシュートをねじ込み土壇場で追いつきPK戦に。

 そのPK戦では山口のGK一森純が輝きを放つ。福岡の2人目、實藤友紀と3人目の城後寿のキックを見事な読みと反応で阻止し、山口に流れを引き寄せる。そしてチームメイトたちは守護神の作った最高の雰囲気の中、4人目まで全員がPKを成功させて福岡を撃破。クラブ史上初の天皇杯3回戦進出を決めた。次のラウンドではJ1のアルビレックス新潟に挑む。

 その他の会場ではヴィッセル神戸が鈴鹿アンリミテッドに7-1で大勝し、大宮アルディージャは退場者を出しながらJ3のガイナーレ鳥取を1-0で退けた。横浜F・マリノスはホームのJ3の福島ユナイテッドFC相手に大苦戦を強いられるも、延長後半に2得点を奪って2-0で3回戦進出を果たしている。

 7日に行われた天皇杯2回戦の結果は以下の通り。

大宮 1-0 鳥取
神戸 7-1 鈴鹿アンリミテッド
福岡 2-2(PK2-4) 山口
横浜FM 2-0 福島

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 22:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。