ここから本文です

【本田圭佑の証言】本人も説明不可能の空振り。「これで負けていたら…」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 6:30配信

「なんでなんかなあという感じ」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 本田らしくないミスだった。1‐0で迎えた24分、浅野の絶妙なクロスに反応しながら、まさかの空振り……。完全にフリー、しかもボールに当てるだけでゴールになっていたにもかかわらず、なぜそんな絶好機を逃したのか。
 
 試合後、本田は少し照れくさそうに話した。
 
「(ビデオで)見てないと分からないですけど、空振ったのでね。なんでなんかなあという感じ。そこまで跳ねた記憶もないけど、まあ、ビデオを見てみないと分からないですね。外したけど、勝ててよかったです。これで負けていたから僕のせいになっていたので」
 
 明確な理由は分からないが、チームをどん底に突き落とす空振りになっていた可能性はあったということだろう。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

 いずれにしても、これでワールドカップの予選連続ゴール記録が7試合でストップした本田はチームの勝利に少しホッとしながらも、自身の出来には到底満足していない。
 
「こういう相手にはゴールを取らないといけないと思っているので、アシストも結果も得点に絡めなかったというのは、反省しないといけない」
 
 最終予選は1勝1敗となり、本当の勝負はここからである。
 
「そもそも初戦がああいう結果だったので、危機感しかない立ち上がりだった。たった1勝で危機感がとれるとは思っていないので、勝ち続けないといけないというイメージですよ」
 
 空振りのリベンジは、きっと10月シリーズ(イラク戦、オーストラリア戦)で果たしてくれるはずだ。

 

最終更新:9/7(水) 6:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ