ここから本文です

【日本代表】「最低限のノルマ」に笑顔なき本田。「反省するところも多かった」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 0:45配信

「もう少し全体的に選手が成長して(ゲームの流れを)読んでいかないといけない」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 アウェーでのタイ戦を2-0でモノにし、最終予選を1勝1敗の五分に戻しても、本田圭佑に笑顔はなかった。
 
 本田は試合後のフラッシュインタビューで、「まずしっかり勝つことが大事だったので、最低限のノルマを達成できたのは良かった」とコメント。1-2で敗れた9月1日のUAE戦から修正できた部分に一定の手応えを感じつつも、まだまだ反省点が多いと感じているようだ。
 
「(今日はサイド攻撃で)狙い通りだった部分もありましたし、先制点もそういうところからのゴールだったので、まあ作戦通りと言えば作戦通りだったかなと。ただ、全体的には反省するところも多かった。試合をコントロールするところで、慌て過ぎず前に行かない場面はこないだの試合よりも改善できていたかなとは思いますけど、この点はもう少し全体的に選手が成長して(ゲームの流れを)読んでいかないといけない」
 
 次戦のホーム・イラク戦(10月6日)、アウェー・オーストラリア戦(10月11日)までおよそ1か月期間が空く。本田は今季、ミランで定位置を確保できていないだけに、「僕自身、コンディションをさらに上げて次に臨みたい」と早くも先を見据えていた。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/7(水) 5:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。