ここから本文です

【日本代表】リスク管理にうるさいハリルも納得? ボランチ山口が見せた守備のクオリティ

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 17:00配信

「ボールを取りに行くところを求められていたので、すごく意識してやりました」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/バンコク

 タイ戦でスタメンに抜擢された山口が、自分の仕事を完遂した。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!



「初戦に負けていたので、今日はどんな形でも勝点3が大事だった。最後に苦しい時間帯もありましたけど、全員で守って勝点3を取れてよかった」
 
 チームはフィニッシュの精度を欠いて多くのチャンスを逃したものの、守備では無失点に抑えて2-0。9月1日のUAE戦に敗れて黒星スタートとなった嫌な雰囲気を払しょくする勝ち星を得た。ボランチとして出場した山口は、素早く攻守を切り替えて高い位置からプレッシャーをかけ、カウンターの芽を徹底的に潰した。
 
「特に多くのものは求められなかったですけど、守備のカウンターのところをしっかりケアしろと言われていましたし、ボールを取りに行くところを今日はすごく求められていたので、そこは自分のなかですごく意識してやりました」
 
 今年6月にドイツのハノーファーからJ2のC大阪に”復帰”した山口の決断を、ハリルホジッチ監督は「まったく喜んでいない」と厳しく評価していた。しかし、勝点3が求められるこのタイ戦でスタメンに抜擢。その期待に応えるパフォーマンスを披露した背番号16の株は、上がったと見ていいだろう。
 
「次も負けられない戦いが続くので、今日みたいな戦いがしっかりできるように1か月しっかり準備したい。自分自身はもっとコンディションを上げて、また次に選ばれるように頑張りたいと思います」
 
 謙虚にそう語った山口は、10月シリーズ(6日/イラク戦、11日/オーストラリア戦)のメンバーにも名を連ねそうだ。

最終更新:9/7(水) 17:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ