ここから本文です

「岡崎さんのためにも」――。浅野を突き動かした大先輩からのアドバイス

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 6:00配信

「(岡崎さんは)『ボールが出て来なくても、どんどん動いていれば、みんなが何とかしてくれるから』と」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 浅野拓磨はタイ戦前日のミーティングで、スタメン起用を告げられた。「試合に出たら、絶対にゴールを決めよう」と自分なりに準備はしていたなかで、代表通算102試合・49ゴールを誇る岡崎慎司から声をかけられ、責任感は一気に増したという。
 
「(岡崎さんは)練習後やホテルで、声をかけてくれました。『ボールが出て来なくても、どんどん動いていれば、みんなが何とかしてくれるから』と。先輩が向こうから話しかけてくれるのは嬉しいし、岡崎さんのためにも自分がしっかり結果を残したいと思いました」
 
 75分、浅野は長谷部誠のパスに抜け出して貴重な追加点を奪ったが、実は狙ったタイミングとは違ったと話す。それでも、球際に頭から飛び込んでマイボールにし、ゴールをねじ込めたのは、もしかしたら岡崎への想いが上乗せされていたからかもしれない。
 
「実は、(長谷部のパスに対して)もうひとつ早く動き出していて、(パスが)出て来なくて一回止まったんです。自分の中ではタイミングが遅れましたけど、ボールもルーズだったので、力を出し切ってなんとか頭で触れば、マイボールにできるかなと思った」
 
 今年6月のキリンカップ・ブルガリア戦以来の代表通算2点目を挙げ、「ゴールを取れたことは良かった」と話す一方で、「満足できる試合ではない」と言い切る。それは、再三得点チャンスがありながら追加点を取るのが75分まで時間を要したからであり、このゴールが今後の活躍を保証するわけではないからだ。
 
 代表活動後には、先日移籍が決まったばかりのドイツ2部・シュツットガルトに合流する。初の海外挑戦に加え、すでにリーグは開幕しており、厳しい競争が待っているのは間違いない。それでも浅野は、信条とする「100パーセントの力を出し切る」が大事だと話す。
 
「代表でゴールを取れたからと言って、チームでも良いプレーができるかと言ったら、そんなことはない。チームに戻って、まず感じるのは難しさかなと。そこは心の中で覚悟しながら、少しでも早くチームに慣れて、自分の特長を100パーセント出して、チームメイトに信頼される選手になりたいと思います」
 
“ジャガー”はゴールを手土産に、ドイツの地へ。選手としてまたひと回り大きくなって、10月のワールドカップ最終予選(6日・イラク戦、11日・オーストラリア戦)に戻ってくることを期待したい。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!


 

最終更新:9/7(水) 12:55

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。