ここから本文です

【日本代表】「外を上手く使えていた」。酒井が必須の勝点3を引き寄せる貴重なアシスト!

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 6:00配信

「前回の試合から自分の狙っているスペースは悪くなかった」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 絶対に必要だった先制点は、右サイドを力強く制圧した酒井宏樹のクロスから生まれた。18分、敵陣深くで酒井の右足からダイレクトでボールが供給されると、フリーの原口元気のヘディングがネットを揺らす。
 
「前半からチームとして外を上手く使えていた。何回か外を使ってチャンスを作れれば、中も空くし、逆もそう。前回の試合から自分の狙っているスペースは悪くないと思っていて、(先制点のアシストのシーンは)良いボールをしっかり供給できた」
 
 この場面以外でも、狙いすましたクロスでチャンスを演出。「もっと上手く中と外を使い分ける、そういうバリエーションを増やしていきたい」と一定の手応えを口にしている。
 
 ただ、「いい攻撃の形に関しては(ロシア・ワールドカップのアジア最終予選の初戦だった)UAE戦でも山ほど作れていた。やっぱり最後の精度が……」と、決定機を何度も迎えながら2点目を奪えなかったことに対する反省点を口にする。
 
 チャンスを数え切れないほど作った。でも勝てなかった。それがUAE戦だったとすれば、チャンスを数え切れないほど作ってなんとか勝ったのが今回のゲームだった。
 
 10月に対戦するイラクとオーストラリア、そして11月のサウジアラビア戦では、これほど多くの決定機は訪れないはず。もちろん、最終予選を突破した先に待つ世界相手では言わずもがな。
 
「1-0のまま追加点を取れない時間外が長かった。どんなチームを相手にしても、1、2本はピンチがあるから、しっかり仕留めないと。フィニッシュの精度は、自分も含めて上げなければダメ。もっと追求しないと」
 
 至上命題だった勝点3を奪った直後でも、酒井の目線はすでに次の試合へ向いていた。

最終更新:9/7(水) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革