ここから本文です

田嶋会長が山口蛍を絶賛。「中盤のディフェンスが非常に良かった」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 2:32配信

「隙はあったが、最終局面では見せずにできた」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 日本協会の田嶋幸三会長がタイ戦後に報道陣の取材に応じ、初勝利を挙げた日本代表の戦いぶりに及第点を与えた。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!


 
「格下とはいえ、お互いに初戦を落として、アウェーでの戦い、そういう意味では非常に難しい試合だった。必ずしも日本はベストな内容ではなかったけれど、隙はあっても最終的なところでの隙は見せずに緊張感をもってやってくれた」
 
 初戦を落としているだけに、FIFAランクではグループ最下位のチームを相手に、なんとしてでも勝利が欲しかった。まずは代表チームを預かる立場の会長としてもホッと一安心といったところだろう。
 
 なかでも、この試合でボランチに起用された山口蛍の名を挙げて、そのパフォーマンスを讃えている。
「今日起用された山口蛍は中盤のディフェンスやつなぎのところで非常に活躍してくれた」
 
 先発に抜擢されゴールを決めた浅野や、途中出場から惜しいシュートを放った宇佐美など、若い力が存在感を見せたことに関しても評価の意を示した。

最終更新:9/7(水) 5:27

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革