ここから本文です

【日本代表】「求められたことをこなしただけ」。復帰した山口の船出は上々に

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 12:00配信

「自分のできることを一つひとつ、これから先もやっていくしかない」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
「求められたことをこなしただけ」――。
 
「失点しないことを一番意識した」なかで、それが自身の生き残る最善の方法だと分かっているように、山口蛍は相手のチャンスの芽を数多く潰した。
 
 だが、今日のパフォーマンスなど当たり前と言うように、喜びをあまり表に出さない。「(スタメンに選ばれて)特長を出そうと思っていた。やるべきことをやっただけかな、と」
 
 読み良し、出足良し、寄せの激しさ良し。それだけでなく、攻撃面では気の利いたポジショニングで味方のパスコースを作り、タイミングを窺っては前線へと駆け上がった。
 
「まったく喜んでいない」と自身の日本復帰に厳しい言葉を寄せたヴァイッド・ハリルホジッチ監督に見せつけるように、山口は中盤の底で90分を通して躍動していた。
 
 それでも、自身の置かれた立場がこの試合だけで“不動”となるはずがないと十分に理解している。「自分のできることを一つひとつ、これから先もやっていくしかない。それがアピールにつながっていくと思う」
 
 きっと「やっと再びスタート地点に立てた」との想いが自身を駆り立てているのだろう。ロシア・ワールドカップのアジア最終予選の開幕戦、UAE戦で大島に取って代わられた悔しさもあるのかもしれない。
 
 山口の目指すべき場所は、まだ遠い。改めて一歩を踏み出した男の躍動を、次戦のホーム・イラク戦(10月6日)、アウェー・オーストラリア戦(10月11日)でも目にできれば……。ロシアの地は、大きく近づくはずだ。

最終更新:9/7(水) 12:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。