ここから本文です

【日本代表】初戦の失点生かし、西川は“動じず”タイを完封。「先に動いたら、やられる」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 12:00配信

唯一の決定機、シュートを身体に当ててブロック!「基本的なことができていれば、(ボールは)身体に当たってくれるものなんです」。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム

 GK西川周作は、試合終盤にカウンターから抜け出した相手選手との1対1のピンチで、シュートを身体に当ててブロック――。決まっていれば1-1に追い付かれていたという“あわや”の場面で、ゴール前でしっかり存在感を示した。
 
 西川にとっては、レギュラーとして初めて臨むワールドカップ・アジア最終予選。ようやくひとつ“完封”を収めたことで、「自分が見たことのない世界が待っていると覚悟していた。初戦に負けてしまって(UAEに1-2)、たくさんの方を悔しく、悲しい想いをさせてしまったが、自分たちの這い上がって行く姿をここから見せていきたい」と、この1勝を喜んだ。
 
 この日、西川が心掛けたのは、「基本にしっかり立ち返ること」だったと言う。決して最近、基本をおろそかにしていたわけではない。しかし最終予選は、やはりこれまで味わったことのない「見えないプレッシャー」に知らず知らずのうちに気圧されていた。

 そんな現実を受け止め、普段どおりのプレーを出すことを心掛けたという。前半に相手が裏のスペースを突いて抜け出してきた場面。そして後半の1対1……。守護神は次のような「判断」を選択した。
 
「自分が飛び出していいのか、飛び込めないのか。飛び出したくなるような間合でしたけど、上手く我慢して、とにかく動かないことだけを意識しました」
 
 動かない――“動じない”ことを選択したと言うのだ。
 
「基本的なことができていれば、(ボールは)身体に当たってくれるものなんです」
 
 そう笑みを浮かべた西川は、次のようにUAE戦のことを振り返った。
 
「Jリーグではキッカーよりも先に動くことはまずないのに、UAE戦でのFKでは動いてしまった(そして失点を喫した)。だから、初戦を終えたあと、とにかく基本的なことを大事にしながらプレーしようと改めて心に誓いました」
 
 先に動いてしまったことを悔やんでいると、今回のタイ戦ではさっそく、「動かない」ことを優先するプレーで、日本のピンチを救ってみせたのだ。
 
「見えない重圧をどこかで感じながら、試合をできています。その見えないプレッシャーに打ち勝ち、結果を残せれば、自信にもつながっていきます」
 

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 12:00

SOCCER DIGEST Web