ここから本文です

【日本代表】本田の浅野評。「シュツットガルトで磨かれていく」ものとは?

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 6:00配信

「シュツットガルトでどんどん厳しいプレッシャーのなかで磨かれていく」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 本田は、タイをアウェーで2‐0で下した試合を次のように振り返った。
 

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!


「攻撃陣が反省するところが多いんですけど、守備陣はね、危なげなく、1本危なかったかな。それ以外は本当に完封できたと思っているし、実際、結果として失点はしていないので、守備陣はしっかり評価したいと思います」
 
 ゴールを奪えなかったこともあり、攻撃については課題が残ったという。確かに、チームとして22本のシュートを放ちながら2点では物足りない。本田が「1本危なかったかな」という被決定機の場面で仮にタイに決められていたら、日本は悲劇的な結末を迎えていたかもしれなかった。だから、本田は自身の空振りも含め反省は多いと言っている。
 
 そんな本田が、攻撃陣の中で具体的に言及したのが浅野についてだった。
 
「(浅野)拓磨は足が速いので、それをどう生かすかだと思っている。できるだけ裏に飛び出させるか、とはいえ、彼自身ももっと足もとの技術に自信をつけないといけない。まあ、それはシュツットガルトでどんどん厳しいプレッシャーのなかで磨かれていくと思いますけど」
 
 本田と浅野のホットラインが開通すれば、日本の決定力不足も解消させるだろうか、期待したい。

最終更新:9/7(水) 6:00

SOCCER DIGEST Web