ここから本文です

【日本代表】オフェンス活性化の鍵は“ポストプレーヤー本田”か

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 17:00配信

スペースを突く動きより目立ったのは…。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 シュート22本で、わずか2得点。ある意味、タイ戦は日本が決定力不足を露呈した試合でもあった。UAE戦よりも流れるような攻撃を展開できたが、本田もオフェンス面が「改善できたというのは早い」と反省していた。
 
「厳しい試合は続きます。相手のレベルも上がりますし、そういった相手にしっかり守備で危なげなく、そして今日ほどではないにせよ、今日に近いぐらいのチャンスを作るということが大事になってくるかなと。そのイメージはね、監督を含めて持っている。スペースができればできるほどチャンスは作れるというサッカーをしているとは思うので、それはそれで来月試したいと思っています」
 
 そう言う本田だが、タイ戦でむしろ目立っていたのはゴール前で身体を張るプレー。要するに、ポストプレーだ。実際、本田自身もターゲットになる意識はあった。
 
「アジアのチームと試合する時は、僕と相手のSBのところでパワーの差が出てくる。だから、僕のところで競って、そのセカンドみたいな選択肢はある」
 
 UAE戦ではヘッドで先制点を決めている本田。今回の最終予選を勝ち抜くうえで“ポストプレーヤー・ホンダ”はひとつのポイントになりそうだ。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!


 

最終更新:9/7(水) 17:00

SOCCER DIGEST Web