ここから本文です

【日本代表】UAE戦から先発3人を変えたハリルホジッチ監督。その理由は?

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 6:00配信

UAE戦とは違う新たな3選手を先発起用。これが奏功する。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
9月6日、最終予選2戦目、日本代表がタイと対戦。試合への入りを「本日、このチームがどのような心理的な状況で、試合に向かうのかという不安は少しありました」と語ったハリルホジッチ監督は、左ウイング(清武から原口)、ボランチ(大島から山口)、CF(岡崎→浅野)と、UAE戦から3人の選手を入れ替えて臨んだ。
 
 その理由を、指揮官はこう語る。
 
「少し競争を生みたかったんですね。それと同時に何人かの選手は疲労を抱えていました。そして、怪我もありました。そして新しい選手も試したわけですね。経験のある選手と、それから若い選手を少し競争させたいなという気持ちがあります」
 
 少しナイーブなチーム状況を受けて、刺激をうながす意味でUAE戦とは違う新たな3選手を先発起用。これが奏功する。得点を挙げたのは、原口と浅野で、いずれもUAE戦から変えた先発メンバーだった。
 
 指揮官は試合後、新しく起用した選手を称賛した。
 
「例えば浅野は、若いですがトライしました。今日試合に出た選手たちは良いプレーをしてくれました。そして偶然にも、その変えた選手が得点を取ってくれました。プレッシャーもかなりかけたのをみなさんも見られたでしょう。相手はオフェンスの組み立てでなにかをもたらしたということはなかったですね。この試合で、我々がこういった変化を加えられるというのを、見せることができたかなと。これによってチームに良い雰囲気をもたらしてくれると思います」
 
選手に対して、手応えを口にしたハリルホジッチ監督だが、もちろん満足したわけではない。試合の結果についての感想を訊かれると、後半にカウンターからピンチを招いたことについて、言及した。
 
「最後にいつものようにプレゼント(ピンチ)をひとつ、ふたつ彼らに与えてしまった。そういう状況に陥るのは、まだまだ我々の心理面に少し問題があるのかなという感じもします。ここから日本がより強くなってくれると思います」
 
 果たしてハリルホジッチ監督は健全な競争を生み出し、UAE戦のショックをいまだに拭えずにいるチームを浮上させられるか。正念場でこそ指揮官の手腕が試されるだろう。

最終更新:9/7(水) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。