ここから本文です

【日本代表】UAE戦に続きタイ戦でも凡ミス…。長谷部が口にした「危機感」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 17:00配信

「個人的にも簡単なミスをしてしまった」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 UAE戦に続き、タイ戦でも危険な位置でボールを奪われたミスがあったからだろう。長谷部は「今日のゲームでも多くの課題が出た」とコメントしている。
 
「試合を早いうちに決められる場面がかなりありました。それ以外にも、個人的にもチーム全体としても本当に簡単なミスというか、グラウンド状態とかいろいろありますけど、そういうなかでピンチになってしまう場面もありました。
 
 それに同点に追いつかれてもおかしくないシーンもありましたし、修正しなければならない点を挙げればきりがない。個人的には勝ったことは非常によかったと思いますけど、危機感というか、このままではだめだなというのはもちろんあります」
 
 ミスが多くてもタイに勝てた背景には、相手に怖さがなかった点が挙げられる。
 
「攻撃の部分で人数をかけて攻めてこなかったタイに、怖さはなかった。試合開始から前に行きましたけど、その前から行っている時間帯がかなり良かった。ですから、あえてどこかでブロックを作るとか、そういうのを今日はしなくていいとみんなで話しました。
 
追加点を奪えなかったのはかなりの課題です。本当にサッカーの試合は生き物なので、相手の出方などを見て臨機応変にやっていかないといけない」
 
 長谷部の口から出てくるのは反省の言葉である。確かに、1‐0の局面で追いつかれそうなピンチもあった。完勝というのは程遠い内容だろう。タイより格上のイラク、オーストラリアと戦う10月シーズンは、ひとつのミスが命取りになる可能性はある。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/7(水) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。