ここから本文です

西野技術委員長が「初戦黒星で予選落ち」のジンクスにもっともな自説を展開

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 11:00配信

「それはあくまで他のチームのデータなわけで…」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 日本協会の西野朗技術委員長は、タイ戦後に報道陣の取材に応じた。
 
敗戦を喫したUAE戦後に「初戦を落とすと予選落ち」というジンクスを「変える」と明言したことについて、西野技術委員長は次のような自説を展開した。
「それは、(過去に)日本チームにそういうこと(初戦を落とす状況)があったわけではなく、あくまで他のチームのデータ。日本チームは今、まったくそういうこと(ジンクス)は考えていないし、前に向かって行くだけ」
 
 確かに、アジア最終予選が現行のホーム&アウェー方式での開催となって以来、日本は初戦で敗れたことがなく、予選もすべて通過してきた。過去、日本以外に初戦で敗れたチームというのも、たいていの場合はグループのランク下位のチームであるケースが多く、実力通りに予選落ちという、ある意味で“順当な結果”と言える。
 
 今回、日本が初戦で敗れたのは、そんな波乱の少なかったアジア予選での各国のパワーバランスに変化が生じていることを示唆している。西野委員長の言う通り、ことさらに初戦黒星のジンクスを深く捉えてもあまり意味がないのは確かだろう。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/7(水) 11:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ