ここから本文です

【日本代表】大人しい若手を鼓舞する長谷部の本音とは?「ライバルを求めている」

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 16:30配信

「『自分がワールドカップに連れて行くんだ』という強い気持ちを持ってほしい」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 反省点も多かったタイ戦だが、長谷部は若手の活躍が今後の希望になったという。
 
「浅野や(原口)元気といった若い選手がゴールを決めたのは、チームにとって非常に大きいかなと。予選では彼らのような力が必要になる」
 
 とりわけ原口に関しては“気持ち”を感じたという。
 
「元気は攻守にアグレッシブに貢献できる選手。彼の気持ちというか、やる気というか、結果を残すというのをすごく感じましたし、そういう選手が自覚をもってやるのは大事。左からの崩しは粗削りな部分がまだあるので、まあ、(左ウイングの)レギュラー争いは激しくなっていると思います」
 
 またボランチコンビを組んだ山口にも、長谷部はポジティブなコメントを残している。
 
「蛍はボールを奪いに行く力があるし、チームに貢献していた。自分の守備の負担は間違いなく減りましたね」
 
 それでも、今の若手は「過去のチームに比べたら大人しい」ようだ。
 
「内に秘める選手が多いですよね。個人的には今日、元気と浅野が結果を出したように、『自分がワールドカップに連れて行くんだ』という強い気持ちを持ってほしい。例えば僕が23、24歳で岡田さんに代表に呼ばれたときは、自分が中心でやっていくという、周りの若い選手たちもそれぐらいの気持ちを持っていました。そういうものをもっと出してほしい」
 
 最終予選の前、キャプテンの長谷部はこうも言っていた。
 
「これまでずっと試合に出ているような選手を追い越すような若手が現われないと世界の舞台では勝てない。もちろん、僕は僕で向上心を持ってやっています。現状に満足せずもっと成長したいと貪欲にやっているからこそ、チーム内の競争に物足りなさを感じてしまう。高いレベルでスタメンを争うためにも、ライバルが必要。ボランチにそういう選手が出てきた時、自分がどんな化学反応を起こすのかは楽しみです」

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/7(水) 16:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。