ここから本文です

UFC、コナー・マクレガーのタイトル剝奪は行わず

ローリングストーン日本版 9/7(水) 18:30配信

ネイト・ディアスとの3戦目は当面お預けか??

UFC 202でネイト・ディアスを下してファイトマネー300万ドルを獲得したUFC最大のスター選手、コナー・マクレガーについて、UFCプレシデントのデイナ・ホワイトは、本来の階級であるフェザー級に戻って、ジョセ・アルドを迎え撃つタイトル防衛戦を行うようマクレガーにプレッシャーをかけた。ESPNの『スポーツセンター』に出演したホワイトが語った言葉は次の通りだ。「コナーはベルトの防衛戦を行わなければならない。さもなくばベルトを返上しろ」

コナー・マクレガー:UFCスターが完璧なプロレスの悪役になる理由

当然マクレガーにとっては面白くない選択肢だ。すでにUFC 194でジョセ・アルドを記録的な短時間でノックアウトしたことを再度強調したマクレガーは、ベルトを剝奪するのであれば"フェザー級は葬り去られることになる"と語り、実際にそんなことが可能なのかと問うている。これに対してホワイトは発言をわずかに修正、マクレガーがベルトを返上する代わりに、現ライト級チャンピオン、エディ・アルヴァレスに挑戦してもよいと述べた。

さらにホワイトはここにきて、マクレガーがどうすることに決めたとしても、ベルトの剝奪は行わないと語った。とはいえ、マクレガーの次戦がディアスとの再々戦になる可能性はさほど高くなさそうだ。

Translation by Tetsuya Takahashi

「ベルトの剝奪はしない」とホワイトはNBCスポーツラジオで語っている。「決めるのはヤツだ。もっともヤツだって、いまやるべき試合がネイト・ディアス戦でないことは分かっているはずだ」

マクレガーの早期のオクタゴン復帰を希望するファンにとってはよい知らせ。まず、マクレガーはディアス戦の2日後には、もうジムに姿を見せている。また、マクレガーが杖(つえ)をつかないで歩いているところも目撃されている。おそらく負傷は思ったほど重くはないということなのかもしれない。UFC 202での試合後のマクレガーには、負傷により最大6か月間の出場停止命令が出されていたが、復帰はそれよりも早まる可能性があるということになる。

Scott Rafferty

最終更新:9/7(水) 18:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

なぜ今? 首相主導の働き方改革