ここから本文です

失踪の米国人青年、「北朝鮮が拉致」と世界が報道

JBpress 9/7(水) 6:10配信

 12年前の2004年8月、ある米国人青年が中国雲南省の名勝の渓谷、虎跳渓で消息を絶った。「青年が行方不明になったのは実は北朝鮮に拉致されたからであり、現在は平壌で英語の教師をしている」──。9月3日から4日にかけて、こんな報道が世界のニュースメディアによって流された。

デービッド・スネドン氏の顔写真

 この青年とは、当コラム(2016年3月2日「北朝鮮による米国人拉致事件、ルビオ議員も助太刀に」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46226)でも報じたユタ州出身の当時24歳の大学生、デービッド・スネドン氏のことである。

 今回の各国メディアの一斉報道で、米国政府が本格的に調査を開始することが確実となった。北朝鮮による自国民の拉致事件を抱えた日本にとっても好影響が期待できそうだ。

■ 現地女性と結婚して2児の父に

 米国ではニューヨーク・デーリーニュース紙、USニュース・アンド・ワールド・リポート誌、CNNニュースなど多数のメディアが「北朝鮮によるスネドン氏の拉致」を報道した。300万部以上を発行する大衆雑誌のピープル誌から州の地方紙までが、失踪直前のスネドン氏の写真を載せて大々的に報じた。

 この新情報はカナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、インド、台湾などの新聞やテレビでも報道され、文字通り世界の主要地域のほぼすべてのニュースメディアによって、大きな国際ニュースとして伝えられたのである。

 これらの報道は、韓国の拉致被害者の集まり「拉北者家族会」の崔成龍(チェ・ソンヨン)代表の証言を伝えた共同通信などの発信を根拠としていた。

 崔氏は、「中国の雲南省で失踪したスネドン氏は、実は北朝鮮工作員により拉致され、平壌で現地の女性と結婚して2児の父となり、ユン・ボンスと名乗って英語教師をしている」という情報を北朝鮮内の消息筋から入手したという。

 崔氏の発言や、情報源である「北朝鮮内の消息筋」の信頼度などはまだ不明だが、それ以前から、スネドン氏が北朝鮮に拉致されたことを示す状況証拠は多数あった。崔氏の証言はその可能性をさらに高めることとなった。

■ 渓谷に落ちたと報告していた中国当局

 米国務省報道官は今回の報道に対して、「(米政府は)この案件を詳しく調査し、中国政府に対しても調査を求めていく」と述べた。ただし、現時点では「北朝鮮工作員に拉致されたことを示す確固とした証拠は得ていない」という。

 米国議会ではスネドン氏の出身地のユタ州選出議員らが中心になって、米国の各政府機関に日本や中国と協力して本格的調査を求める決議案を今年2月に提出している(共同提案者は当初は8人だったが、9月時点で26人に増えた)。

 中国当局はスネドン氏が行方不明となった理由として、当初、同氏が渓谷に落ちたようだと報告していた。だが、米国議会の決議案では、実は同氏が北朝鮮工作員に拉致され、平壌で軍事諜報員や外交官の英語教師をさせられている可能性が高いとしている。

 決議案はスネドン氏が北朝鮮に拉致されたらしい理由として、以下の4点を指摘する。

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 6:10

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。