ここから本文です

小島慶子のそこじゃない! 新卒者の麻雀採用はアリ? ナシ?

週プレNEWS 9/7(水) 10:00配信

先月、毎日新聞が「就職活動中の学生らの採用方法のひとつとして、麻雀大会を採り入れる企業が出始めている」と報じ、話題に。

「麻雀は頭の回転の速さや勝負勘、運が必要とされ、企業側が学生に求める能力と一致する部分も多い」というのがその理由らしい。麻雀に限らず、近年ではこうした変わり種の採用方法を試みる企業が増えているがーー。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

最近話題の一風変わった就職試験。麻雀で頭の回転の速さと勝負強さ、それとマナーを見る、なんて面白いですね。ほかにもボウリング採用なども。個人的にはモノポリー採用もいいんじゃないかと思います。

通常の面接では学生の本質が見えない、という採用側の気持ちもわかります。マニュアル回答の似たような小利口な学生ばかり集まってもな、と。

でも素朴な疑問だけど、麻雀やボウリングで冴(さ)えてて運がいいやつが仕事でもデキるとは限らないのでは? そんなこといったら雀荘はエグゼクティブだらけのはず。

それに、勝負事に興味がない人材も組織には必要じゃないかなあ。全員が熱血雀士だったら収拾がつかなくなりますよね。勝ち負けには興味がないけど仕事をきっちりやるのが生きがいという人もいるし、競争は苦手だけど地味な仕事を厭(いと)わない人もいる。組織って、光の当たる場所ばっかりじゃないもの。

面白採用ではぜひ、競争に興味のない人材にも光を当ててほしい。千羽鶴折りとか障子張りとか。大勝負に出る人を支えているのは、多くの闘わない人々なんですから。

●小島慶子(Kojima Keiko)
タレント、エッセイスト。父が商社マンで、幼少時に家族麻雀をよくやった。なんでもいいから3個ずつそろえて、流れを無視して安い手で上がるという典型的な子供麻雀であった。チートイツが好き

最終更新:9/7(水) 10:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。